« 走ってます | トップページ | 箱根、終盤戦へ »

箱根雑感

今年の箱根往路はなかなか、というかかなり見ごたえのあるレースだった。

神大や順大、そして上武大に思いがけないエースが登場したり、エースと目されていた選手が案外な結果に終わったり、そんな中でも堅実に走り抜けた青学。復路には二枚看板がまだ残っているから多分総合優勝だろう。

でも、駅伝は走ってみなければわからない。早稲田安井の頑張りが約30秒差まで青学を追い詰めたし、繰上げも5チームだけ。混戦になるといいな、と思う。

先にサラリと書いたけれど、実は上武の森田がゴールテープを切った瞬間は思わず涙。だって、瞬間最大風速かもしれないけれど、シード権内の8位!
これまで幾度となく応援しては裏切られ、毎度毎度の予選会を経てのギリギリ参加だった彼らが一桁着順、もとい順位なのだ。ああ、本当に嬉しい。

中央学院の細谷も頑張った。今年はシード、難しいかなと思わされたけれど、彼の頑張りで7位にまで往路順位を押し上げてくれて、復路も手堅いメンバーが揃っているからブレーキさえなければ大丈夫なのでは。

順大は山田の好走が光った。初代山の神今井を彷彿させるような力強い走り。まだもう一年あるから、今から来年が楽しみだ。

案外組は山梨のニャイロと駒澤の中谷か。もう少しいけるかなと思ったけれどどちらも本調子ではなかったのだろう。特に駒澤は大塚が5区で区間賞の大活躍を見せたのだから、4区でもう少し差が詰まっていれば・・・
しっかり立て直して、中谷は来年のニューイヤーで頑張ってほしい。でも日清食品も層が厚いから、まずはメンバー入りを目指さなければならないだろうけど。

ちなみに、ニューイヤーは予想が当たって旭化成優勝。これで箱根が早稲田なら両方当たりなんだけど、こんなところで運を使いたくないなあ(え?)

明日もドキドキさせてくれるようなレース展開になりますように。そう、箱根が終わったらもういろいろな現実が押し寄せてきちゃうから・・・ああ。

|

« 走ってます | トップページ | 箱根、終盤戦へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 走ってます | トップページ | 箱根、終盤戦へ »