« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

ドラマ2題

大抵の場合、原作本に感銘を受けてから映像化された作品を見るとガッカリする。あくまで私の個人的感想だけれど。

その代表格が『風が強く吹いている』で、映画のラスト、復路ゴールシーンでのハイジの描写が全てをぶち壊してしまったのを見て、それまでの涙が一気に引いた。
これは原作云々ではなく、小出クンのバーターだろう若手女優のあまりの大根加減にも失望させられたけれど。

東日本大震災関連のドラマ、NHKで2夜に渡って放送された『絆-走れ奇跡の子馬』はというと・・・これがまた、映像が原作を凌駕する、というある意味これこそ奇跡、ではなかっただろうか。

そもそもの原作は競馬関連サイトにおいて連載されていたもので、著者は長年競馬に関わっていたとは思えないくらい、ことが都合よく運び、恋愛事情まで絡んで内容としては薄いといってもいいものだった。
それが、だ。ドラマ化にあたって、主人公は若者から息子を失う苦悩の壮年男性に替わり、そこに娘、妻との家族間の齟齬などが付加され、キャスティングも相俟って非常に重厚長大な物語へと変貌を遂げてしまったのだ。

その連載は大幅加筆を経て単行本化されたそうだが、果たしてどの程度ドラマに近づいたのかな?買う気もないからわからないけれど、少なくともあのドラマを見て感動した人がオンラインでの連載を読むことはお勧めできない、と私は思っている。

でも、原作者さんはとても上機嫌で嬉しそうだったなあ。あれだけ内容を改変させられてしまっても、原作としてドラマで名前がクレジットされて、恐らく著作権料というか使用料が入ってくればいい、そういうものなのかな。外野にはわからないけど。

ちなみに、感動的なドラマではあったが、馬のシーンにはいくつか不満点はある。
哺乳瓶での授乳のやり方、とか、当歳が走らないからなんとか走らせたい(これが伏線となるわけだが)と思っていたら、東京に帰ろうとする娘の後を追って初めて走る、とか、小首を傾げたくなる描写にはまあ目をつぶるとしても、最大の問題点はその馬の新馬戦!

・・・ゲートを出たら、停まってしまったのだ。走らない。何だそりゃ。
そこで主人公一家が馬の名を叫び、声援を送る、『走れ!』と。それを聞いてゆっくりと走り出す馬。おい。

・・・まず、発走調教再審査は間違いない。タイムオーバーにもなるし、合わせ技で下手すりゃ1ヶ月あるいはそれ以上の出走停止処分の後、競馬場でのゲート再審査となるはず。
更に言えば、この馬がその後大きいところを狙えるかというと・・・難しいような気がするけれど。

ちなみに、原作ではこの馬、既にGⅠを2つ勝った状態でダービーのゲートに入るところで終わっている。荒唐無稽。ドラマの方が地に脚がついているけれど、それでもこれだもの。

で、原作に忠実という点では両極にあるといっても過言ではないのが、テレ朝でこちらも2夜に渡ってオンエアされた『そして誰もいなくなった』
謎解き部分だけはかなり脚色されてしまったので若干の不満はある。

実は真犯人だけは犯罪を犯していなかった。原作ではそうなっている。しかも、以前にも書いたが真犯人の独白により稀有な犯罪の全貌は明らかになるのだが、私はそれを読み損ねてしまったため、『この本、謎解きしないで終わるんだ・・・』と母に感想を漏らしたところ、
『何言ってるの?』と一笑に付され慌ててそれを読む、というミスを犯してしまった。

ドラマでは真犯人も犯罪を犯しているという設定だ。そこはどうなんだろう。
また、謎解きのパートが長い。そして、真犯人が法では裁けない犯罪者を如何にしてピックアップできたか、これは割愛しないで欲しかった。原作を読んでいない人は首を傾げたくなるだろう。

それでも、最後の一人が「殺害される」までの経緯は驚くほど原作に忠実だった。
日本の、それも現代に設定を置き換えることも自然になされていて、クレジットで脚本家と監督を見て納得した。流石です。

豪華なキャストは誰一人無駄遣いされていなく、適材適所。設定も無理がない。
4時間弱があっという間だった。面白かった。
こういう良質なドラマをもっと見たいな。

ちなみに、渡瀬恒彦氏の遺作だそうだ。かなり病は進んでいたのだろうと思わせるくらい、滑舌が悪く、心なしか視点があっていないようにも見えたが、それも仕方のないことだったろう。

ご冥福をお祈りします。

| | コメント (0)

届きました

17日、届いた段ボール箱を開けたら、中に入っていたのは発注したものとは似ても似つかないボトルのシングルモルトだった。

―やられた!

言葉は汚いが、真っ先に浮かんだのはこの言葉だ。
希少なウイスキーをこの価格で販売していることを疑ってかかるべきだったのだ、と己を責めつつ、箱に封入されていた明細に記載の連絡先に電話をかける。
と、意外にもきちんとした受け答えの事務員らしき女性が出、全面的に謝罪の言葉を並べた後、調べて『発送ミス』であったことを認めた。

かなりこちらも語気荒くなってしまったが、とりあえず即日再発送の上、折り返しでその商品を送り返してくれるよう頼まれて承諾。
で、これから本来の商品が送られてくることになっている。
時間指定で16時―18時。果たして懐かしのスコッチは無事届くか?!

・・・無事到着。
箱こそないけれど、間違いなく、それも古いタイプの方の未開封のそれが届いた。安堵。
ヤマト運輸の馴染みのイケメンドライバーに少し待っていてもらって、スコッチの入っていた箱にシングルモルトを詰めてお渡しした。

ああ、これでもう少しの間あの美味しさを楽しめるんだ。嬉しい。
このお酒を当たり前にお店で飲んでいたのは確か20数年前のこと。そして、その頃はご馳走してくださる人も少なからずいたため実は自分のお金で飲んだことがなかった。
初対面、も赤坂の隠れ家的バー。飲み友達(スポンサー?)と一緒に探したお店で、カウンター席に座って、勧めていただいたのがこのスコッチだった。

寡黙なバーテンダーは常にオンザロック用の丸く大きな氷を削っていたっけ。
フォアグラのパテとメルバトーストが美味しかった。

あの頃はまだ、20数年後に自分がこういう状況下にいるなんて想像だにしていなかったし、そう、ろくすっぽ手入れなんかしなくたって肌はピカピカだった。
若さは永遠ではない。そんなこと考えてもみなかった。否、考えたとしても現実味なぞなかったのだ。

不惑さえ超えた今、ウイスキーこそ同じものを飲んでいても、グラスを持つ私の手はしわが増えた。
鏡の用に光る氷に映る顔はたるんでいる。

いつからか(いや、実はきっかけはあるけどちょっと書けない・・・)、自分のケアにかける時間が増えた。
顔、髪、体、これでもかというくらい塗ったりしたりすることが増えた。
これが歳をとるということなのか。悪あがきと笑わば笑え、だ。私は足掻く。少しでも若く見られたいし、若くいたいから。

届いたスコッチは、何かいいことがあったら開けよう。でも、何か、って何?

| | コメント (0)

今日発送されたそうです(涙)

どうしたものか。大好きなブレンデッドスコッチをネットショップで発見したのだが、ついつい購入してしまってひどく後悔している。

えーと、安い航空券でなら東京―札幌間を往復できる金額なんですが(涙)

でも!もうそこいらではお目にかかれないシロモノで、実際オークションを見ても出ていないし、今回の価格は、昔購入したときの約半額だ。
開き直るわけではないけれど、あの味は他のウイスキーにはない。いや、あるにはあるけど、バランタイン30年かロイヤルハウスホールドなんだもの、類似の味は。

メインはスキャパらしいんだけど、実際飲んだらスキャパも、先日奨められたマッカランも、やはりシングルモルトは合わないみたい、私の味覚には。

今日はジムで約600キロカロリー消費してきたが、けっこうがっつりと夕飯をいただいてしまったので・・・

BMIは標準値で、体年齢は実年齢より6歳若い。それでもデブはデブ。もっと引き締めなければ。
そのためにもアルコールは蒸留酒だけ。つまみも基本的にはなし。

さあ、あと2ヶ月だ(?)あのデニム履いていけたらいいな。頑張ろう。

| | コメント (0)

おでん

昨夜のメインはおでん。
我が家のそれは、牛筋で出汁を取るので若干脂っこさがあるけれど、手前味噌ながら美味しい。

最近は家事にも仕事にも全くやる気が出ないので、何かをする、ために懸命に自分を奮い立たせなければならず、それだけでエネルギーを消費してしまう。
ジムには通っているけれど、そこでは愛想よく立ち回って一生懸命動くのだが、反動だろうか帰宅するともう何もしたくなくなる。

季節はもうすぐ春。いや、内地なら既に桜前線の話題が出ていて、沖縄辺りならもう20℃を超える気温らしい。
こちらも真冬日はほとんどなく、早朝、車のフロントガラスが凍結していて焦る、なんてことももう起きなくなった。

春の訪れと共に私も元気を取り戻せるのだろうか。正直、自信がない。

連休明けにでも帰省を、と考えているのだが、そこで昔の友人と会う約束もしており、そちらの都合がはっきりしないことには日程も立てられない。
行くならせいぜいが3泊4日かな。そのうち1泊は友人と過ごす予定だ。
それを楽しみに・・・と言いたいところだが、それはそれで面倒臭い。いっそそんな約束しなきゃよかったかな、なんて思ったりもして。そういうところがダメなのか。

5月の東京ならきっと初夏だな。どんな服装をしていけばいいのかな。
搭乗前と降機後の気温差が想像できない。昨日買ったシャツとダメージデニムにローファーとか?うーん。って結局楽しみにしているのか私(笑)

おでんの話に戻るが、これを作り置きしておくと2日間は夕食のメニューを考えなくて済むからありがたい。
今日は、手作りこんにゃくをいただいたので、それを追加して更に煮込んだ。
今朝なんて、お弁当もおでん。だから普段使っているジャータイプではなく、コンテナタイプの容器におでん、小さいおにぎり、サラダ、と3段重ねにして家人に持たせた。

今夜も当然食べる。いくら北海道でも、鍋物が恋しいと思える日もそう長くは続かないから、今のうちにせいぜいおでんを筆頭に鍋料理を作ろうと思っている。

| | コメント (0)

震災から6年

人は見た目が9割、という身もふたもないタイトルの本がベストセラーになったのはいつのことだったろう。
当然読んでいないので内容は知らない。でも、このタイトルが強ち間違いでもないということを思い知らされる出来事が私にも起きた。

ちょっとそこいらにお出かけ、という時に値段もデザインもちょうどいいブランドの服があるのだが、私が人生最重量(?!)だった頃はそのブランドで最も大きいサイズが、ゆったりシルエットなら何とか着られるという感じだった。

売り場に行ってみても店員さんは全く寄って来ず、隣のブランドの売り場で立ち話。まあこちらとしてはいい気分はしない。
でも、現実に客となり得ない体型なら、これもまた認めざるを得ないこと。そう半ば諦めていた。

その後、現在の体型になってから売り場に足を運んでみたら、同じ店員さんが満面の笑みで近づいてきたではないか。
欲しかったのはニットとパンツ。パンツは最大サイズとそのワンサイズ下のものを試着したら、後者がピッタリ。ニットはLサイズだがそこそこゆったりまとうことができた。

レジにもついてきた彼女は、お得意様だけに、と割引券とスタンプカードを出してきて、最後まで愛想よく私を見送ってくれたのだ。

実は今日も春物を選びに行ってきたが、ワンシーズンに1、2回しか行かない私をしっかり覚えていて、にこやかに接客してくれた。複雑っちゃ複雑な気分ではある。

やはりもう少し頑張って、小太りから標準体型になろう。痩せてますね、とは一生言われないだろうけれど、せめて中肉中背になれるよう、明日もジムで動いてきます。

でも、こんなどうでもいいことを書いていられることを幸せと思わなければならない、ということを今日ほど思い起こさせてくれる日はないだろう。

あの大きく地面が揺れた日から6年が経った。

未だに避難生活を送っていらっしゃる方もあれば、未だにご家族の行方がわからない方も。
家族と猫と、使い慣れたモノや思い出深いモノたちに囲まれて暮らすことが当たり前、ではないという現実を私たちはもっと思い知らなければならないのだろう。

復興は進んでいる、と首相は強調していたが、果たしてそうなのだろうか。

景気回復、アベノミクス。果たして日本は良い方へと向かっているのだろうか。

オリンピックまで3年。その間に全ての避難者が自分の生活を取り戻せているのだろうか。

避難グッズを用意していない。いざというときどこにどう逃げようかとか、何を持ち出そうかとかそんなことも全く考えていない。でも3月11日が来る度、どうにかしないと、と考える。
今年もそうだ。でも、多分このまま何もしないで来年の今日を迎えそうな気がする。それじゃダメじゃん!

とりあえず明日、非常食とか簡易トイレなどを買おうと思っている。猫のご飯だけは多少多めに用意してあるのだが・・・

| | コメント (0)

大デブから小太りへ(?)

ユニクロのオンラインショップで春物を、インナーアウター合わせて10点ほど買った。
でも、返品を余儀なくされたものが3点出てしまった。

・・・驚くなかれ、だ。大きすぎて着られないのである。

Lサイズ、とヌードのジャストサイズとで購入したボトム、そしてトップスがいずれも緩い。本当に信じられない。

ユニクロって割とタイトなつくりのものが多い。
だから、一番太っていた時期はデニムもトップスも、メンズを購入していたくらいなのに、実は昨年購入したスカンツも、Lだとウエストがかなり緩く、ベルトをするかどうか真剣に悩んでしまったくらいだった。

ジム通いの成果は確実に出ている。
ウエイトは停滞したままで、ゴールと定めた数値にはまだまだ届きそうにないのだが、今日も立ち寄った温泉施設で大きな鏡に映った自分のシルエットに驚かされた。

いや、デブですよまだ。でも、デブなりに締まるべきところは締まってきたのだ。ウエストにくびれらしきものがあるのだから。

まあ外見はさておき、更に喜ばしいのが腰。そう、腰痛が起きないのだ。
週2回とはいえ、4時間ほどのそこそこハードな肉体労働をしているのに、腕も腰も、どこにも筋肉痛がない。
20年以上前に誂えたコルセットを装着しているのだが、そもそもその当時の体型に戻っているわけで、いろいろな意味で体調はいい。

明日もジムだ。
1回の消費カロリーはせいぜいが500から頑張って600くらい。ちょっとヘビーなおやつを食べればお終い、な運動量だけれど、塵も積もれば、でやらないよりは全然マシだろう。

昨日、陽太のことをあれこれ思い出していたら、いつの間にか電気もテレビも点けたままで寝てしまっていたようで、2時過ぎに目が覚め、慌てて部屋の電気を消した。

我が家の猫たちも若手と老体とに二分されているが、もしかしたら若手の1匹を里子に出すかもしれない。
正直な話、みもざファミリーとふう、れいあ、そしてあんちゃんとちび。この子たちとそれ以外の子たちは私の中で明確に線引きができてしまっているのだ。

この話はまた別のエントリで。

| | コメント (0)

追悼?哀悼?悲しい酒

2年前の今日、陽太が逝った。

他の猫は皆、家人のいるときに旅立った。
中には、いまわの際に来客があって家人が席をはずしたら、戻ってくるまで待っていた子までいたのに、陽太は家人のいない時間を狙い済ますように、明け方の早い時間、静かに逝った。

見事なまでに、私にしか懐かない子だった。
命名は家人だったのに、家人の勧めで家に残った子だったのに。

あの子たちがいたころこそが私にとって一番幸せな時期だったのかもしれないな。
みもざがいて、よたかのコンビとふうがいて、楽しかったな。

今日は、あの時にはまだギリギリ入手できたスコッチを少しだけ飲んでいる。
もう今ならどこでも見かけることのない、昨日酒屋さんに行ったとき訊いたら、30がらみの若い店員さんはそのお酒の存在自体を知らなかった。

美味しいお酒だな。甘くて、華やかで。

さあ、寝よう。明日は早朝から仕事だし。

陽太。大好きだったよ。今でも大好きだよ。おやすみ。

| | コメント (0)

疲れています

するりと履けるのに、1時間も経たないうちに足の甲が圧迫されて激痛が走る、という恐怖の靴がある。
あまりに高額(私にしては)なので捨てるに捨てられずにいたその靴、何気なく今日足を入れてみたら、これまでにない緩さを感じて驚いた。

時間的には一番脚が浮腫んでいるはずだし、私の記憶が正しければ、こんなにするっと足が入ったことはなかったはずだ。

この靴を入手したときから比べると、ウエイトはけっこうダウンしている。もしかしたら足も痩せたのだろうか。だとしたら、普通に履いて出かけても大丈夫なのだろうか。

当座、これを履くような機会は幸か不幸かないので試すことはできないが、そのうち、短時間で済むような用事の際に試してみよう。

履けなかったデニムは、ボタンがようやく止まるところまできた。だが、見事に、さながらその手のCMのように腹の肉がウエストに乗ってしまう(涙)
あと少し。頑張ってみよう。

最近は言葉が浮かんでこない。ここに書けるようなことがあまり、というかほとんどないから。

何を疲れているのか。何に疲れているのか。
・・・ただ、疲れている。それだけ。どこかでゆっくりと何も考えずに休みたい。

| | コメント (0)

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »