« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

島豆腐、もっと買っておけばよかった。本当に美味しい。

ここのところ、料理サイト?と化した私のFB、朝焼いたシフォンケーキはふわふわ過ぎて持つのが難しいくらいの出来。これなら普段から我が家にあるもので簡単に作れるから定番になりそうだ。

油味噌と島豆腐を使って、今朝ポークたまごおにぎりを作った。家人の弁当、そして私の朝食用に。
…いや、油味噌万能!島豆腐の厚揚げに実によく合う。美味しい。島豆腐はしっかりした硬さが使いやすい。
今夜は島豆腐のガーリック揚げに挑戦する。すっかり沖縄料理にハマってしまった感があるが、油味噌用に買った泡盛は流石に飲めないなあ。あの独特な匂いがどうにも苦手で。

もっと何か作りたい。
クローゼットを整理していて、ほぼ完成し、糸の始末だけすれば着られる状態のニットのジャケットを見つけたのは昨年の転居直前。
それは住めない我が家に放置してあったが、先日持ち帰ってきた。
最高に太っていた時ですら大きくてダブっと、どころではなくダッブダブだった―手が緩かったみたい― のに、今や大き過ぎて袖口を折っても指先まで隠れてしまうのだ。

それでも、手が込んだ編み目模様、ボタンホールもしっかりできていて、よくもまあこんなもの作ったなあ、と自分で自分に驚いた。多分10年以上前の作品だったと思う。
いっそ洗濯機で洗って縮ませてしまおうかしら…冗談はさておき、とりあえず完成させるだけさせて、一度は着てみよう。

すべきことから目を逸らしていることは自分でもわかっている。それでも、もう少しだけ余韻に浸っていたい(?)
もう少しだけ、何か、に没頭したい。何か…ペーパーフラワーの材料は…向こうだなあ。ミシンはこっちにあるけれど、ソーイングはあまり気が進まない。猫のいる部屋で針を使いたくない。
パンとかスイーツを作ることが一番手っ取り早いけど、そうそう食べきれないし、リバウンドが怖いし。

今日は部屋の整理でもしてお茶を濁した(ん?)し、明日はジムで午後は整体。
あ、クリーニング屋さんにスーツ取りにいかなきゃ。来月末に着ようと思って住めない我が家から持ち帰って来たのだが、どうにも20年以上前のものでデザインが古臭い。でも、サイズがサイズなのでほとんど着られなかった(涙)から、あまり傷みがないのだ。動き回る仕事だからパンツスーツはぴったりだしなあ。

最近とみに寒くなってきた。ますます気分が滅入る。何か、楽しくなるような出来事はもうないのかな?
昨年は、来月末のイベント前にお会いしましたねKさん。今年は日程がタイトなのでそういう時間は取れなくて残念です・・・ってまだここ見てるかしら?

| | コメント (0)

今日のメインはもずくの天ぷら

取り寄せしていたもずくがやっと届いた。
クロネコのミスで台風に巻き込まれた荷物。でも釘を刺しておいたから、というより当たり前の配慮できちんと冷凍状態で届き一安心。早速今夜天ぷらを作ろうと思う。

油味噌はさっき作り終えた。豚の三枚肉―バラ肉を下茹でしてから1センチ角に切り、油を引かないで炒め、そこに泡盛(生まれて始めて自分で購入した。請福酒造の月虹)、黒糖、赤味噌(減塩タイプ)を入れて煮詰める。

かなりの脂が出たが、全て捨ててしまってはいけないそうで、その加減が難しかった。でも、ちょっと味見をしたらそこそこ美味しくて。
これは近いうちにポークたまごおにぎりの島豆腐揚げ入り、に使うために作ったもの。かなり日持ちするからきっちりと小分けにして、少しずつ食べていく。とりあえず今日は絹ごし豆腐に載せてみようかと。

島豆腐は、ガーリック揚げにもする。お店で教わったタレを作り、素揚げした豆腐にからめるのだが、タレが上手く調合できるかどうかがカギになりそうだ。


すっかり落ち切ってしまったテンションはなかなか上げるのが難しい。
だからこういう時こそパンを焼いたりそれこそ油味噌のように少し手のかかるメニューに挑戦したりと、ともすれば沈みがちな気持ちをせめて水平くらいには保っておくために頑張ってみる。

本当はどこかに遠出でもしたいところだけれど、したばかり(笑)だし、天気も悪いし、そもそも行くところもないからなあ。

昨日焼いたパンはなかなかのデキだったが、明らかにカロリーが高い(涙)からリピートはしない。
食べたいパンはあるけれど、それは食事に、というよりデザート用なのでますます作るわけにはいかない。

何かをしたいけれど、実は何もしたくない、という二律背反、自己矛盾の真っ只中にいるみたい。
それがストレスになっているからか、顔の左頬辺りが小さく痙攣していてなかなか治ってくれないのだ。不快きわまりない。

・・・なんだかグチグチしているエントリばかり。読み返してみたら実につまらない。
もうすぐ10月も終わるというのに、あっという間に今年も終わってしまいそうなのに、いつまで私はこうやってぐずぐずしているのか。
何の進歩も変化も無いまま、私の1年は終わってしまいそうだ。

| | コメント (0)

・・・(かなり落ちてます)

ストローハットもロングタイプのグローブも、何ならUVカットのクリームすら要らないくらい、今回の旅もお日様を拝むことはほぼできなかった。
そればかりではなく、台風21号のオマケつき。よほど私の日ごろの行いが悪かったということだろう。

それでも、それなりに旅は楽しく愉快で、人の優しさや好意に満ち溢れた時間を過ごすことができたから行った甲斐はあったのだろう。
帰りの便は、株主優待券を用意してあったこともあり、比較的余裕を持って予約変更できたし、1泊増えた分も新しくできたばかりのホテルはバストイレ別。快適なステイだった。

今流行っているというおにぎりのお店(の支店)が到着ロビーにあったので、それを夕食にしたら、さすが長蛇の列ができる店だけあって、本当に美味しかった。

旅先でふらりと入った居酒屋でいただいた郷土料理があまりにも気に入ったので、2日連続で夕食をとり、中でも美味しかったメニューを再現したく食材を取り寄せ、厚かましくもお店に電話してレシピを伺った。
もちろんカンタンにしか教えてもらえなかったけれど、材料がわかっただけで十分。後は私の舌と料理勘で勝負(?)だ。

現実離れした時間と、気温の乖離に、1週間経った今もまだ何処か地に足のつかない状態でいる。

また来年、リベンジしたいけれど・・・どうしようかな。また荒天だったら、と思ったら、これからよほど行いをよくしておかないと難しそうだ。
あーあ、昨年は予報に反して素晴らしい青空と海を見られたのになあ。

書きたいことはいろいろあったはずなのに、どうにも頭の中で考えがまとまらない。
旅が楽しかった分、現実の厳しさ悲しさが自分の中で大きくなってきて、しかも、頼りにしていた薬局が閉鎖してしまったこともあって、もう欲しい薬も容易にはもらえなくなった以上あまり安易に飲むことはできない。

来月末はまたお出かけの予定が入っているが今度は一人ではないから羽も伸ばせないし、逆にストレスになりそうだ。

昨日は住めない我が家で夏物と冬物の衣類を入れ替えてきた。
今日は休みだったので午前中ジムに行き、午後からは夕食用にパンプキンシチューをシャトルシェフで仕込み、リスドォル消費のためチーズの入ったくるみパンを焼いた。

・・・何をしていても心に引っかからない。時間が砂時計の砂のようにさらさらと何の抵抗もなく落ちて流れていく。
天気と同じ、どんよりとした雲が晴れることなく私の中に垂れ込めている。
何か生き甲斐になるようなこと、見つけなきゃ。あるにはあるんだけど、どうにもしようがないからなあ・・・

| | コメント (0)

休日のあれやこれや

秋冬物のバーゲンを目当てにイオンへ行ってきたが、今ひとつ気に入ったものがなく、本当に必要な、そう先日買ってもらったニットのインに着るカットソーだけ買った。

それを買った店で、ピンクのコーデュロイがシックで可愛いワイドパンツを見つけ、Lサイズを試着したところ異様にデカい。前を止めたまま脱ぎ着できるのだ。
Mを持ってきてもらって履いてみてもまだ緩い。
恐らく厚手のニットをインして着ることを想定しているのだろう。帰宅してからそのショップの通販サイトで調べてみたらMでもウエスト73センチなのだから。ちなみにSで67センチ。サイズ的にはSでも良かったが、着丈も短くなるので実に微妙なシルエットになってしまう。うーん。
このサイズ設定なら、本当にスリムな人はまずフィットしないだろう。もったいないなあ。素敵なのに。

結局パンツは買わず、コスメの売り場で気に入っていたクッションファンデが売り切れていたため店員さんに聞いてみたところ、なんと!レフィルが発売になったというではないか。
入荷して間もないというそれ、は、レフィルの常識を覆すもので、驚くなかれ、中のスポンジを取替え。そのスポンジにリキッド状のファンデをしみこませるというシステム。早速一つ買ってみた。ああ、使い切ったケースを捨てないでおいてよかった。

その後、先日誕生日だった家人に、サプライズでプレゼント計画敢行。
スポーツ用品店で、以前から欲しがっていたとあるモノを買ってあげた。
それ、は種類抱負であり、素人の私には全くわからない世界なので、自分で選んでもらうのがいいだろうと思っていたので、売り場に連れて行ったのだが、意外に選択肢がなくてびっくりした。

そんな中、昨年のモデルだという、半額近い値段になっているものを発見。色もいいし、家人も気に入ったようだ。
・・・一人遊びに行く罪悪感を払拭したかったわけじゃない。本当に欲しいものをあげたかったから・・・って言い訳がましいかな(笑)

で、旅先の天気はあまりよくなさそうだ。
あちこちのお天気サイトで10日間予報を調べては一喜一憂している。
どうかせっかく買ったストローハットが無駄になりませんように!

| | コメント (0)

今、見てます。

いや、やっぱり見なきゃよかったかも。

箱根駅伝予選会。今日の夜BS日テレでオンエア(録画)されるので、それまで情報統制(?)を図ってリアルタイム観戦感を楽しもうと思っていたが、やはり我慢できなくて今タブレットを開いてみた。そして思わず声を上げた。

『うっそ・・・マジか・・・』(誰かさんの口調を真似ると臨場感が更に倍(?))

来年の箱根に、紫地に白のMの文字はない。そう、明治が通過できなかったのだ。まさかの13位。
いくつか関連記事を拾ってみると、どうやらエース坂口をはじめ、途中棄権の三輪など4年生が一人もゴールテープを切れなかったらしい。
名門つながりで言えば日大も涙を呑んだ。10位の東京国際大とは1分31秒差。
やはり留学生頼みでは、いざその柱がコケると崩れてしまうものなのだ。あれだけ学生の数がいるのに、これは強化担当の責任も大きいと思う。スカウティングでは完全に東海や青学に置かれてしまっているのだから。

通過した10校は帝京、大東文化、中央、山梨学院、拓殖、国学院、国士舘、城西、上武、東京国際。
驚いたことに上武がいるではないか。今年の山登りで森田が大健闘し、一瞬夢を見せてくれたが、復路はいつもの通りで指定席―シード落ち。
花田監督去ったあと、神大出身の近藤コーチが昇格した。派手さはないけれど、堅実な実績を持つこの新監督が、「ちょっと足りない」軍団を果たして初のシード入りへと導いてくれるのか。楽しみが一つ増えたぞ。

東京国際大には、元実業団ランナーの渡辺がいる。故障などもあって契約を打ち切られたが、セカンドキャリアを鑑みて教員免許の取得を目指すために入学して陸上も続けた。
まだ個人成績はわからないけれど、結果10位で本戦出場校へと滑り込んだ同大。渡辺が果たして本戦でエントリーされるかはさておき、その存在はいろいろな意味で大きな戦力だろう。

それにしても、中央のシード落ちはさんざん話題になったけれど、地味に山梨学院や大東文化もここで走っていたんだものねえ。上位校は正直抜けているけれど、シード権争い圏内は実力が伯仲している感あり。
来年の箱根はそっちの方が面白かったりするかもしれないな。

というのも。3冠のひとつ、出雲では青学を抑えて東海が優勝。ただ、このレースは距離も短めでスピード勝負でもあるため下馬評でも青学不利、という声があったのも事実だ。
実際青学の監督もどこまで本音かはわからないが余裕のある表情ではあった。
次の全日本次第ではその余裕も吹き飛んでしまうかもしれないけれど、それはそれでとても楽しみでもある。

・・・そこに紫のユニが無いことはあまりに寂しいけれど、今回の悔しさをバネにして、来年の予選会こそトップ通過を!(って気が早すぎ?)

| | コメント (0)

ドック入り?

久々にパリブレストを作った。家人の誕生日ケーキの体だったのだが、まあ自分も食べたかったし、冷蔵庫に卵がだぶついていたので、これを片付けるにはシューを作るのがいいだろうと考えていたというのもある。

ここでカスタードクリーム(とラングドシャ辺り)を作れば更に卵を消費できるのだが、焼き芋を作ろうと買ってあった安納芋を使ってクリームを作り、それとホイップクリームを直径20センチほどの円形に焼いたシュー皮に絞りいれた。

シュー生地の余りを小さく焼いたものにホイップクリームを注入、それといちごとをデコレーションに使ってみたら、うん、なかなかのできばえだ。思わず自画自賛してしまった。
食べてももちろん美味しい。そりゃ当然だ。だって、手順や手際はさておき、材料がいいのだから味が悪いわけがない。

夕餉は和牛のひれステーキ。そしてつぶ貝のグラタン、イカの和風ピザ。いずれも家人の好物だ。
・・・カロリーオーバーもいいところだけれど、まあ今日は仕方ない。また明日から頑張ろうではないか。

その明日はネイルの予定だ。ネイル、ヘアサロン、顔剃り、とやることが目白押し。
あー眠い。もう寝ます。最近心身ともに疲れているので、来週は自分のメンテナンスに費やすのだ。

| | コメント (0)

雪虫を見た日

期日前投票の帰り道、近所の神社に寄ってみた。
いろいろ祈願したいし(苦しいときの神頼み?!)、神妙に手を合わせてから最後におみくじを引いたら、おお、大吉!

・・・ところが、「努力しなきゃ良いことなんか起きないよ」(意訳)・・・すべての項目がこれ、だもの。運だけじゃダメなんですって。
まあ努力して報われるのならまだマシか。ということでできることを頑張ろうかと。
で、今日はニシン漬けの材料を買ってきた。なんでそうなるか、って?
これ、家人の好物なのだが、買うと意外に高いうえにニシンがほとんど入っていない。でも、飯寿司と違って冷蔵庫でカンタンに作れるからありがたい。

ついでと言っては何だが、身欠きにしんを戻すのに必要な米の研ぎ汁、我が家の米は無洗米なので、米ぬかを購入。でもあまりに大量だからぬか漬けも始めてしまうことにした。

明日は、パリブレストを焼き、中には安納芋で作るクリームを詰めてみようかな、と。
朝はソーセージパンを焼く予定。何だか急にまめまめしくなってきたぞ、自分。一人遊びに行く後ろめたさを少しでも中和(?)すべく、今週来週は頑張ろうと思う。

神社で、参道を歩いていたらついにアレと遭遇してしまった。そう、トドノメオオワタムシ、もとい雪虫、である。
今年は冬の訪れが早そう、というより夏が短かったような気がするなあ。エアコンなんてほとんど出番なし。既に朝晩はストーブを焚いているのだから。

20℃を超えることのない日々から、旅先の現在の気温は30℃超えだそうで、果たして私の体や自律神経(?)はこの落差に耐えられるだろうか。不安だ・・・


で、期日前投票。
以前は、どんな理由で当日投票できないのか、その日はどこにいるのか、などと事細かに記載しなければならなかったのだが、今ではあっさりしたもので、カンタンな申告でOK。
それにしても今回の投票行動は自分でも決めかねていたが、多分今後どんな事が起きようが誰が何をどうしようが(?)、これ以上考えようがないので、1週間以上猶予はあるのにさっさと投票してきちゃった。

政治家って、己を客観視できない人たちだ、とつくづく思う。
世論調査では見えてこない空気感とか、もっと市民の中の感情や行動を察知というか収集できるようなシステムを作っていかないと・・・って別に市井の人々のそれなんかどうでもいいのか。特に安倍さんなんて、政財界のお友達さえ美味しい思いができればいい、という顔があまりに見えすぎて正直不快だ。
だからといって、じゃ、誰が代わりに?という話になった時、受け皿の無さに愕然とさせられてしまう。

つくづく、思う。本当にアタマがよくて、本当に国を憂える人は政治家なんかやらないんだ、と。

モノづくりや、人を助けたり育てたりする人たちが貧しい生活を余儀なくされ、投資家だのIT長者だの、何も生み出さない人たちや、経営者などが財をなしてイイ思いをするような今の日本を、誰か何とかしてくれないかな。なんてね。

| | コメント (0)

体力が欲しい

昨日、久々にプールへ行ってきたら、早くも今朝から筋肉痛三昧でヘタっている。
ぼちぼち始めようと、まずはウォーキング30分、ビート板×バタ足5往復(片道25m)、を目標にしてみたが・・・いや、キツイ。

ウォーキングは進まない。水の抵抗に負けて、只管もがく。そしてバタ足も進まない。ゴーグルしていかなかったから顔を水につけられず(涙)(実は水が怖いのよ)、そうなるとどうしても脚が沈むから推進力が低くなってしまうのだ。

それでもウォーキングは12往復、バタ足も6往復頑張った。頑張った。頑張っていた私の横を、明らかに私より年輩の女性二人が優雅に歩き去っていく。早い。追いつけない。あうううう。

バタ足を、これまたもがくように頑張っていた私の横を、明らかに私より10キロはウエイトがあるであろう同世代の女性が軽やかにゆったりとクロールで追い越していく。間違いなく追いつけない。あうううううう。

・・・ジムで鍛えていたはずなのに、なぜなのだろう。まだ体力不足なのか。そうなのか。

これから秋が深まればまた肉体労働(と言えるほどのものでもないですが)(週2回数時間程度だし)のお手伝いが待っているわけで、そのためにも体力は必要なのだ。
もう少し真剣にやらなければダメかな。でもジムにはおしゃべりで空気を読まないジジイお爺さんがひとりいて、その人とバッティングすると、こちらが集中して頑張っているのにどうでもいい話題を降ってくるから実に面倒臭い。

この人が同じ時間帯にいると本当にガッカリしてしまう。でもそんなことに構ってはいられない。ゴーイングマイウェイ。頑張ろう。


街中に住んでいると選挙カーにも遭遇することが多くなり、実にうるさく感じられてしまう。
投票日は、帰宅してからでも間に合わないこともないけれど、多分面倒臭くなって棄権してしまいそうなので期日前投票を済ませていこうと思っている。

でも・・・誰に、どの政党に投票したらいいのか。正に思案投げ首。どうにも決めかねている。
私の選挙区からの立候補者は3人。投票したい候補者と政党とが合致しないという矛盾を抱え、本当に直前まで自分の投票行動が読めない。どうするの?どうしたい?(どこかで聴いたフレーズ(笑))

もう少し考えよう。時間はまだある。棄権だけはしないつもりでいる、今は。

| | コメント (0)

人混みは苦手だ。

まあまあ凄い人の数。
道立近代美術館にゴッホ展を見に来たのはいいが、入館までの長い列と来たら、前売り券を入手していなかったら絶対に断念していただろう。

実は、私はそれほど好きじゃないが、家人がどうしても見たいというのでかなり早い時期にチケットは購入していた。
ルノワールとかモネ、フェルメール、ターナーのようにわかりやすく綺麗な絵ならともかく、結婚前もわざわざ内地まで見に行くほど好きらしい家人の趣味は私のそれとは合わない。

今回はゴッホが影響を受けた浮世絵なども展示され、日本との関わりなどそれなりに面白い内容ではあったが、人の多さに辟易して一人とっとと出てきてしまった。

駅まで乗ったタクシーの運転手さんによれば昨日はもっと人が多かったそうで、家人のみならず日本人ってゴッホが本当に好きなんだなあ、と感心。ちなみに15年まえにも開催されたそうだが、その時は28万人動員したそうだ。


駅ビルで昼食をとり、誕生日に、とちょっと変わったデザインの秋物ニットをデパートのショップで買ってもらったり、デパ地下をうろついたりして昼過ぎのバスで私だけ帰路に。家人は定期的な通院の予約が明日なのでこのまま駅側のホテルに宿泊。連休明けのかかりつけクリニックは過去の経験則からえげつないほど混雑するだろうこと間違いなしなので、朝イチで受付を済ませないと日が高いうちに帰れないのだ。

で、ニット。
国内のブランドで、これまでもそこの商品は何度か購入していたが、今回訪れたショップは初めてだった。これまでは同じデパートでも違うフロアのショップで購入していたから。
…そう、大きいサイズのショップで。

今回、恐る恐るディスプレイされていたニットを手に取ると、私よりやや歳上の売り場の方は全く当たり前にそれを勧めてきた。サイズを気にすることなく、欲しいデザイン、気に入ったカラーの服を手にできる幸せー多くの人にとっては当然至極のことが、今の私には幸せなのだ。

半袖でゆったりした袖口だから、中に薄手のニットやカットソーを着ればいいかな。いつ下ろそうか今からとても楽しみでならない。

でも、今日は昼にニョッキだのピザだのと高カロリーな食事を摂ってしまったので、また今夜から節制せねば。
リバウンドだけは絶対にしない。退路を断つために以前着用していたデニムやパンツ、下着類はもう廃棄してしまったし、なんとしてもせめて現状維持しよう。頑張るぞ!

| | コメント (0)

もうすぐ

クックパッドがあまりに便利で、もう頼りっぱなし。だから最近はレシピ本なんか全く買わなくなったし、今まで持っていた本もほとんど住めない自宅、に運んでしまったが不便を感じることは皆無に等しい。

有料サービスを利用しないとレシピを20しか登録できないが、アプリを使わなければ、そのレシピのページをブックマークしてしまえばいいだけで、タブレットの中にフォルダを作って既にたくさんのレシピを保存している。

手持ちの材料で何を作れるか、が一目瞭然なので(絞込み検索は有料だから、いちいちレシピを確認する手間はかかるけれど)、冷蔵庫の中を整理するのもラクチンなのだ。こんな便利なサイトが無料で利用できるなんて、本当にありがたいったらない。

動画レシピサイトも利用してはいたが、在りモノありきで考えるとやはりクックパッドの方に軍配が上がる。

昨日のパンも絶妙な美味しさ(作り手ではなく、レシピ考案者を褒めている)だったし、何気なくヒットした豚肉と紅しょうがの天ぷらなんて、カンタンに作れるにも関わらず幾つでも食べられそうなほど美味しかった(だから太る)(涙)

馬肥ゆる秋だから、ではなく、単にストレスや現実逃避の一環(?)で食べずにいられない現状を鑑みるに、これで旅に出られなくなったら、いっそ早めの冬期うつにでもなってしまいそうで不安だ。ここ数日、薬の世話にもならず無難に日々を過ごせているけれど、あまり精神状態はよろしくない。

どうか無事旅立てますように。飛行機、飛びますように。本当に楽しみだから。全てをムダにはしたくないから。私のささやかな幸せを神様、どうか邪魔しないでね。



すっかり秋も深まり、明日はちょっと遠出(日帰りだけど)するのに着ていくものが難しくなってきた。
一応ジャケットとブラウスとアシンメトリーな裾丈のスカート、という取り合わせを選んだけど、ジャケットをコートにするにはちょっと早そうだ。
寒暖差が激しいので体調管理が大変。風邪がせっかく治ってきたのだから、このまま完治させて、旅には万全の体調で臨みたい。

| | コメント (0)

食欲の秋なんて・・・

今日もパンを焼いてしまった。写真は撮り忘れたけれど、レーズンとくるみ、そして黒糖とインスタントコーヒーを混ぜたリスドォル使用のクッペ。
香ばしく、ほろ苦く、とても美味しくできたので、つい食べてしまう・・・そう、ヤバイ。完全にリバウンドしつつある。

でもストレスがひどくて、また今日はちょっとしたショックなこともあって、結局更に食べてしまうという情けなさ。旅まであと2週間だというのに、これじゃ・・・

頑張ってもう少し足掻こう。明日はジムで気持ちよく汗を流して、もうお菓子も作らない。パンも焼かない。夕食も控える。

荷造りもほぼ出来てしまっているけれど、ここに来て北朝鮮の動きに戦々恐々。もし、万が一にも本当にアメリカ本土を狙うICBMが発射されてしまったら!?まあ旅どころじゃない。下手すりゃエアだって飛ばなくなる、ううん、東京近郊が壊滅状態になってしまう可能性だってあるんだ。冗談じゃあない。

履いていくつもりのデニムが、これ以上キツくなったらガチでエコノミークラス症候群になってしまう。なんとかしなきゃ。明日からはそれこそシリアルとこんにゃくだけにしようかな。

もう選挙どころじゃない。テレビを見る余裕もない。ああ。

| | コメント (0)

文学はよくわからないけど、ちょっとだけ。

ノーベル文学賞。にわかに取り上げられて持ち上げられている受賞作家の本、超のつくメジャーな2冊しか読んでいないので語れる立場にもないし、そもそも文芸評論なんかできやしない。

「日の名残り」、は映画化されたものを見た家人(当時はまだ婚約中だったが)から原作を読みたい、とリクエストがあったので探して送ってあげて、その後自分でも読んだ。
「私を離さないで」の方は・・・そう、平積みされていたのを書店で手に取り、面白そうだったので衝動買いしたのだが、読み進めていくうちにどうにも嫌な気分になってしまい、買ったことを後悔したんだっけ。
また始末に悪いことに(すみません)、だからと言って閉じてしまうことなぞできない本なのだ。面白いというか、やめられない。読まずにいられない。
どう当て推量してもバッドエンディングというか、救いがもたらされない展開、案の定、あっさりとヒロインの行く暗い道末を暗示して終わるラストには、読了後しばらく呆然とさせられてしまったっけ。

で、よりにもよってこの本が日本でドラマ化されると知った時、すぐに思った。絶対数字は取れない、と。
で、これまた案の定、視聴率は大低迷。いくら旬の俳優たちを並べたってテーマがテーマなんだもの。
しかも、あの原作はイギリスの、何というか古く、どこかかび臭さを伴うような時間の動き方が前提にあってこそ、で、これをどう日本で表現していくか。また価値観とか、世相とか、そういった、言葉で説明しにくいあの独特の雰囲気が、果たして再現できるのか、初手から不安だった。

・・・視ましたよ、最後まで。いや、もう申し訳ないけれど、途中シリアスなはずのドラマで何回か笑ってしまった。だって、メインキャストのひとりに叫ばせる?『わたしを離さないで!』なんて。何でも解かりやすくすればいいというものではない。原作はそういう作品というか作風だと思うわけですが・・・どうかな?

惜しむらくは、というか唯一感心させられたのがヒロインを演じた女優さん。彼女からは小説のヒロインと佇まいに同じにおいを感じられて、正直見直した。事前に原作者と対談までしていたそうで、役作りをしっかりしていたみたい。
でもドラマ化は日本ではすべきではなかった、と今でも思っているし、更に怖いのはもう1冊の方もどこかの局が映像化に走るのでは?という・・・特にフジ!やめてね。「コード・ブルー」の世界観を新シリーズでぶち壊してしまうような危険球の持ち主だから、やりかねない感じでとても不安だ。

どちらの本も住めない自宅に持っていってしまったから読めないけれど、まあ読み返さなくてもいいかな。とくに「わたしを―」の方は、読んだら一層気分が落ちてしまいそうだから。

ちなみに書店は大わらわだとか。そもそもこの作家の本なんてほとんど在庫がないそうで、しかも下馬評(ブックメーカーなど)にも上がっていなかったそうだから、どうせいつも空振りの日本人作家の本でも用意して待っていたんだろうな。
個人的には、カズオ・イシグロ>村上春樹、なので今回の受賞には納得です。

| | コメント (0)

作りたいけど食べたいけど、食べるわけにはいかないのだ。

最近、作りたい病が出てしまい、やたらとパンやケーキを焼いている。
粉もバターも追加購入して、やる気がみなぎっているんだけど、でも、怖いのはそれを食べてしまうことなのだ。

・・・太ってきたぞー。リバウンド、とまではいかないまでも、ミニマムからじわじわと増えてるぞー。

明日はジムのあとプール行こうかな。久々に水中ウォーキングなんかどうかしら。
しまいこんでしまったゴーグルが見つからないから泳ぐことはできないけど、ビート板でバタ足くらいはしてこよう。混んでなきゃいいけど。

旅まで2週間。どうにも現実味がなくて、でも準備はそこそこ出来ている。あとは間際にならないとできないことばかりだし、荷造りもまだ早すぎる(服がしわになる)から、とりあえずガイドブックでも見て気分を盛り上げよう。

今週は、月曜から金曜までビートたけしがテレ東に生出演!という世にも恐ろしい番組がオンエアされている。
まあまあ月曜火曜とよくもまあこんな時間に・・・といいたくなるような話題が目白押し(爆)で、テレ東って度胸あるな、と視ているこちらの方がドキドキしてしまった。

何せ、たけしの両隣が爆問太田と水道橋博士なのだ。犬猿の仲、と言われている(実際そうらしい)二人の、いわば手打ちのようなキャスティングはたけし直々の希望だそうで、二人を和解させたいという親心(?)なのか、単に話題性を狙ってのある意味おふざけなのか、その真意はわからないけれど、まあまあ頭のいい二人なので適度な緊張と緩和を以ってたけし不在のときも盛り上げて・・・って!?

そう、三日目、つまり昨日は「来なかった」、主役が。
最初は演出だろうと高をくくっていたけれど、次第に二人の狼狽振りに真実味が感じられてきて、これはガチらしい、と思い始めたら、そもそも予想できた話だし、こんな企画を通したテレ東が悪い。何だか楽しくなってしまった。酷い視聴者(笑)

で、今日は・・・月曜火曜のオンエアに本当に苦情は殺到していたのかもしれない。何となく大人しく終わってしまったからつまらない(おい)。
もう始末書の1枚や2枚(あるいはもっと?)覚悟して始めている企画なのだろうから、もっと過激に語り合ってしまえばいいのに(笑)

早くも明日は最終回。しっかり見ようと思う。楽しみだ。


ノーベル文学賞、なんとカズオ・イシグロ氏が受賞。あの人の著書は多分メジャーな2冊しか読んでいないと思うけれど、日本人的な情緒はあまり感じられなかった。
どこか諦念に満ちていて、読んでいたら気持ちが沈静化されてしまうというか、少なくとも浮き立つようなことはなく、そう、どちらかというと好きではないかな。
でも、村上春樹より、私は好きなので・・・おめでとうございます。

| | コメント (0)

バカみたい

選挙戦、公示前から、というか前だから、か。とにかくバタバタしている野党サイドの動きが見ていて解かりやすく安っぽい。
当選できさえすればいいから信念も何もあったもんじゃない。なりふり構わずといった体の議員たちの醜さったらない。

そもそも民進党そのものが、左から右から、リベラルから保守からもうごちゃ混ぜ集団だったわけで、そこに小池都知事が乱入(?)したものだから、彼女は最初から合流、なんて言葉を使ってはいないにも関わらず民進党の立候補予定者全員の公認を求める前原代表、希望の党への合流に強気な連合、もう傍から見ていても矛盾だらけ屁理屈だらけ。見苦しいったらない。

筋を通した感のある、民進党リベラル派の人たちが新党を結成するそうだ。むしろ今回の件でこういう形で分断されるのは民進党のためにもいいのかもしれない。これでいっそスッキリする。

自民党は、自らが圧勝できると読んで今回の解散を決めたわけだけれど、思いがけない小池都知事の動きに慌てただろうな。
世論をよく分析していて、小池都知事が今回知事職を辞して立候補したら反発の声の方が大きいことをわかっているからしきりに出ろ出ろと声を上げているけれど、多分そうはならない。彼女の方が一枚上手だから。

ただ、冷静になって考えてみれば、希望の党なんて寄せ集めや素人の集団だ。万が一にも希望の党の公認を得て当選した民進党議員や維新などと連立政権、何てコトにはならなきゃいいけれど。

そもそもここまで小池新党への期待感が高まったのは、安倍首相のやり口があまりに強引で傲慢だったからだ。
そこに来て相次いだ学校新設問題。開き直っただけでなく問題を追及する野党やマスコミを小ばかにする発言の数々。挙句臨時国会も開かず冒頭解散。これが逃げ、ではないとは誰も思わない。

確かに経済成長は目覚しいけれど、それによってもたらされた富は庶民には行き渡ってはいない。庶民の暮らしを何も知らないお坊ちゃま首相にはそれがわかっているのかいないのか。

政治空白の間隙を衝いてあの国が何かしてこなければいいが。ホント、政治家って自分たちの勢力争いにしか関心がないんだなあ、と改めて感じさせられている。

| | コメント (0)

治らない

風邪、ダラダラと長引いている。
喉の痛みから始まって、あまりに治らないから、と耳鼻科に罹った時点では他の症状もなかったのに、そこで咽頭炎と診断、抗生剤などを処方されたら翌日から咳や鼻水が出始めたではないか。

結局ありがちな風邪、に移行。声が出なくなり、痰が絡みだし、咳が重くなり、ようやっと今日になってそれらが治まりつつある。

でも油断はできない。ちょっと良くなってはまた悪化、を繰り返して長引くから、とにかく出発まで3週間を切った旅行を控え、何が何でも治さなきゃ。

ちなみに去年の今頃は腰痛で大騒ぎ。結局ギリギリまで治ることなく、エコバッグにクッションを詰め込んだものを持参して旅に出たのだ。情けないったらない。

旅の支度はほぼ整っている。何とか体調を立て直して、元気で楽しい時間を過ごしたい。何と言っても今年のメインイベントだから。本当に楽しみでならない。天気もいいといいな。


ダルさや発熱がないこともあって、今日もパンを焼いた。もっちもちの白パンはヨーグルトとクランベリー入り。
明日はバナナとヨーグルトのケーキを焼く予定。そう、実はヨーグルトを余分に買ってしまったので、何とか消費しなければならないのだ。

さ、ホットバタードラムカウも飲んだことだし、とっとと寝よう。明日はすっきりと起きられますように。

| | コメント (0)

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »