« 治らない | トップページ | 作りたいけど食べたいけど、食べるわけにはいかないのだ。 »

バカみたい

選挙戦、公示前から、というか前だから、か。とにかくバタバタしている野党サイドの動きが見ていて解かりやすく安っぽい。
当選できさえすればいいから信念も何もあったもんじゃない。なりふり構わずといった体の議員たちの醜さったらない。

そもそも民進党そのものが、左から右から、リベラルから保守からもうごちゃ混ぜ集団だったわけで、そこに小池都知事が乱入(?)したものだから、彼女は最初から合流、なんて言葉を使ってはいないにも関わらず民進党の立候補予定者全員の公認を求める前原代表、希望の党への合流に強気な連合、もう傍から見ていても矛盾だらけ屁理屈だらけ。見苦しいったらない。

筋を通した感のある、民進党リベラル派の人たちが新党を結成するそうだ。むしろ今回の件でこういう形で分断されるのは民進党のためにもいいのかもしれない。これでいっそスッキリする。

自民党は、自らが圧勝できると読んで今回の解散を決めたわけだけれど、思いがけない小池都知事の動きに慌てただろうな。
世論をよく分析していて、小池都知事が今回知事職を辞して立候補したら反発の声の方が大きいことをわかっているからしきりに出ろ出ろと声を上げているけれど、多分そうはならない。彼女の方が一枚上手だから。

ただ、冷静になって考えてみれば、希望の党なんて寄せ集めや素人の集団だ。万が一にも希望の党の公認を得て当選した民進党議員や維新などと連立政権、何てコトにはならなきゃいいけれど。

そもそもここまで小池新党への期待感が高まったのは、安倍首相のやり口があまりに強引で傲慢だったからだ。
そこに来て相次いだ学校新設問題。開き直っただけでなく問題を追及する野党やマスコミを小ばかにする発言の数々。挙句臨時国会も開かず冒頭解散。これが逃げ、ではないとは誰も思わない。

確かに経済成長は目覚しいけれど、それによってもたらされた富は庶民には行き渡ってはいない。庶民の暮らしを何も知らないお坊ちゃま首相にはそれがわかっているのかいないのか。

政治空白の間隙を衝いてあの国が何かしてこなければいいが。ホント、政治家って自分たちの勢力争いにしか関心がないんだなあ、と改めて感じさせられている。

|

« 治らない | トップページ | 作りたいけど食べたいけど、食べるわけにはいかないのだ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 治らない | トップページ | 作りたいけど食べたいけど、食べるわけにはいかないのだ。 »