« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

アスリートを目指すわけではないけれど

オリンピックも終わり、メダリストたちはマスコミなどから引っ張りだこ。見ていてもカワイそうなくらい酷使(?)されていて、あれでは身も心も休まらないだろうに。

それでも、スピードスケートをしてマイナー競技と言わしめてしまうほど、冬季五輪の種目は様々なハンデキャップを背負っている。
だって、まず前提として雪や氷がなければ競技がほぼ成り立たない。サマージャンプとか、一部シーズン外でも可能な競技種目はあっても、素人にはモーグルやエアリアル、あるいはアルペンやスノボなど、屋外で、しかも雪がなければ成り立たない競技の選手たちって、オフシーズンはどうしているか想像もできない。

屋内競技は氷があれば練習もできよう。でも、リンクの使用料などは誰が出すの?強化指定選手なら、潤沢ではないにせよ支給されるものもあろうけれど、そうじゃない選手はどうやって練習場所を確保するの?

金メダルを同一五輪で2つ、女子で初めて獲った高木菜那選手は、所属先に凱旋出社(?)。その会社はこれまでにも男子選手がメダルを獲得していたが、金は初めてだそうで、高木選手と共にインタビューに応じたその会社の会長はいともあっさりと報奨金の金額を公表した。
そして、何故ここまで厚く選手たちを処遇するのかも立て板に水、とばかりにまくし立て、確かに話は長いがその内容に感服させられた。

スピードスケートの小平選手の所属先もそうだけど、選手たちをバックアップすることに理由なんかない。応援したいから、偶々その余裕が(経済的に)あるから、する。
広告塔にしたいわけじゃない。下心なんか、ない。なかなかこんなこと、できない。素晴らしい企業理念に敬服すると同時に、儲けている大企業に何故こういう余裕がないのか不思議でたまらない。

前出の会長はこれも事も無げに、競技引退後の選手のセカンドキャリアについても『面倒を見る』(言い方は違ったと思うけど、こんなニュアンス)と仰った。素晴らしい。身分の安定が伴えば、選手たちも安心して競技に取り組めるだろうから。

メダル、メダル、と煽り立てるマスコミも、選手たちの頑張りのおかげで感動が生まれ、それを報じることで利益を得ているのなら、少しは還元すりゃいいのに。
テレビ局、広告代理店、出版社。こういった連中こそ選手たちに見返りを求めることなく(これが最重要!)(でもできないだろうな・・・)彼ら彼女らを支援すべきではないの?

選手たちの勤務先や親類縁者まであまねく取材しては「感動」を地引網で掬い上げて、どこよりも詳しく、とばかりに報じるその浅ましさにはほとほと呆れてしまう。

ちなみに、これからパラリンピックが始まることをどれだけの方が知っているのだろう。マスコミはちゃんとパラの選手たちも追いかけてくれるんでしょうね?

とりあえず、選手の皆様が平穏な生活を一刻も早く取り戻せるようお祈りしております。

ウエイトは戻らず、昨日は安い牛の赤味肉をシャリアピンステーキにして美味しくいただき、今日は鳥もも肉のから揚げ。明日はポークソテーの予定。痩せるつもりがあるのか、自分よ(涙)

でも、この夕食のメニュー構成はちゃんと理由がある。
疲労気味の家人に肉を食わせたい、というれっきとした大義名分(?)に基づき、今週は動物性蛋白を中心にした献立を考えたのだ。
副菜には五目豆や手作り島豆腐の油味噌載せ、野菜サラダ、とバランスも考えているし、食べた分動けば大丈夫、なハズなのだが・・・

増えた分の脂肪(でしょう?)は多分腹部にある。それはわかっている。わかってはいるが・・・
とりあえず腹筋を重点的に頑張ろう。今日はアルコールを摂ってしまったから力が入らないので(おい)明日から。家でもしっかりやる。

アスリートたちの無駄のない綺麗な体を見習って、あそこまでは到達できないにしても、少しでも近づきたいじゃないですか。頑張るぞ。

| | コメント (0)

運動神経は通っていないけれど(え?)体を動かすことは嫌いではない

実は寝てしまったからどちらも朝、結果を知った。

スピードスケート女子マススタート、高木菜那金メダルとカーリング女子銅メダル!いや、リアルタイムで見ておけばよかった、とつくづく後悔してしまった。

カーリングはまさかの相手チームのミスでの結末に、勝った日本チームも一瞬きょとんとしていた(ように見えた)。
後攻のイギリスがラストストーンを投じた瞬間、本人たちも、そして応援していた誰もが『終わった・・・』と思ったはず。だのに、ポツンと残ったナンバー1ストーンはイエロー。

日本初のメダルを手にした5人の選手たちに輝く笑顔と涙に、こちらももらい泣きするやら微笑ましく思えるやら、ここまで誰からも愛されるチームもそう多くはあるまい。

マススタート、こちらは準決勝までは見た。
なかなかに複雑なルールで、果たしてこれをオリンピックの競技にして良かったのかと思わないでもなかったけれど―実際、第二戦で日本の佐藤綾乃は他の選手に巻き込まれて転倒。肘を痛めて途中棄権をせざるを得なかったし。

高木菜那は、とてもクレバーに滑りきった。大柄な有力選手の後ろにぴたりとついて、終い、カーブで膨れたその選手のインにもぐりこんでそのままスパート。
これで高木姉妹は金3つと銀、銅各1つ、合計5つのメダルを高木家に持ち帰ることになるわけだ(笑)
ご家族もさぞ嬉しいだろうと思うけれど、マスコミの取材攻勢は早くも始まっており、彼女たちが心身ともにゆっくりと過ごせる時間がいつ訪れるのか、他人事ながら心配で心配で。

今回のオリンピック、開幕当初はどうなることかと思ったが(ジャンプ台の悪天候とか、交通アクセス問題とか・・・)、始まってしまえばどうにかなるもの(?)らしい。
恐らく報じられないトラブルなども数多あったろうけれど、終いよければ全てよし(?!)
日本としては過去最高のメダル獲得数だったわけだし、この勢いでパラリンピックも何とかつつがなく開催され、日本選手たちがたくさん活躍してくれればいいと思う。


今日は東京マラソンも開催された。
いや、リアルカケル、こと大迫傑(ナイキOP)が何故か昨日のクロカンに出走、もとい出場、独走で優勝したのだが、個人的には東京の方で走って欲しかった。
コースを変更したことが功を奏したのか、なんと設楽悠太(Honda)が日本新で2着。日本馬、じゃなくて日本人最先着。
そして一気にサブテン達成者が増え、条件を充たした井上大仁、木滑良(MHPS)、宮脇千博(トヨタ自動車)、山本憲二(マツダ)、佐藤悠基(日清食品グループ)もGC出場権を得た。
神野大地(コニカミノルタ)、鈴木健吾(神奈川大学)はもう少しでサブテン。これは次に期待かな。

だからこそ、このレースで大迫がどんな走りをしたか。本当に見たかったけれど、多分調整過程などを鑑みてレースは選んでいるはずだから・・・設楽悠太との直接対決は本当に楽しみだと思う。

来週はびわ湖毎日マラソン。
実は招待選手よりも一般参加選手の方が興味深い。愛しの(?)窪田忍(トヨタ自動車)や、設楽兄、こと啓太(日立物流)、今井正人(トヨタ自動車九州)、など箱根をにぎわせた名ランナーが登場、果たして上位に食い込める、或いはそれ以上の結果を見せてくれるか注目したい。


今日もジムで体を動かしてきたけれど、いっかなウエイトは減らない。どうしたことか。
インストラクターからは『寒さが厳しいから体が脂肪を蓄えようとしている』と慰めにもならない言葉をもらったが、じゃ、暖かくなったら自然と痩せるのか?いや、そんな悠長なことは言っていられない。
やはりここはパン&スイーツの作成を止めるしかないだろうな。唯一の趣味らしい趣味だけど諦めるほかない。だって、作ったら食べてしまうから。
そう、4月のライブに、あのデニムを履きたいなら頑張るしかないのだ。
ここまで、そうやって望んだことは叶ってきた。購入当初はお尻を通すことすら出来なかったデニムを旅に履いていけたのだから。だから、頑張る。頑張りたい。頑張れるかな・・・あうううう。

デニム云々を抜きにして、ランニングもしてみたい。今はマシーンで時速10キロを3分、がせいぜいなのだが、何とかこれを5分、10分、と伸ばして、いずれは10キロ程度の市民レースに出られたらいいかな、と。
そのためにはやはりもう少しウエイトを落とさなきゃ。頑張る・・・って何回書いてるの、私。
ホントに、頑張ろう(くどい)

| | コメント (0)

222

今日は2月22日。猫の日だ。
ということで、猫にちなんだ本を何か1冊だけダウンロードしてみようと思い、選んだのがこれ。

僕とモナミと、春に会う(櫛木理宇)

あらすじだけ見て衝動買いしたが、冒頭、猫(?)との出会いのシーンで既視感を覚え、戸惑ってしまった。
そして、一旦アプリを閉じて読書メーターのサイトを開いてみる。だが誰も同じ感想を抱いていない。私だけ?私が穿った見方をしているだけなの?

・・・似ている。そう感じる。かの名作漫画「観用少女」(川原由美子)と。

そう思ったら先を読み進める気持ちになれなくなってしまった。
実際、どう頑張ってもお話に入り込んでいけない。どこにも誰にも感情移入できず、かと言って客観視して楽しめるほどの娯楽感もないから、全くワクワクできない。

実はもう一冊DLした。とても有名なベストセラー作家の本。レビューを見てもなかなかの高評価で、楽しみにしていたのだが・・・この作家、第二の赤川次郎?なんとわかりやすく、単純で有体なのだろうか。
こう書けばこういう感動を与えられる。そういうシステマチックな匂いがプンプン漂ってきて、読後感も不快極まりないものだった。見透かされている、そう思わされたら、数百円が惜しくて惜しくて。

少し前に書店で購入した、これもベストセラー作家の本、こちらは予想外に面白かった。
吉田修一、という名前は以前読んでいた3流ゴシップ誌で連載されていた小説で知ったが、航空会社の広報誌で長く連載されているエッセイの作者でもあったと後で気づいた。

偶々、かもしれないが、やはり実際に文庫でも新書でもハードカバーでも、手にして冒頭を読んで選ぶべきなのだろう。これに懲りて電子書籍にはもう手を出さないことに決めた。
試し読みできる本もあるにはあるが、やはりどこか違うのだ。
手にかかる重さから、その本の面白さは始まるのかもしれない・・・なんてね。


猫の日、と言っても、以前ほど猫に対して情熱を抱いていない(?)こともあって特に何かをしているわけではない。ご飯もいつも通り。殊更に構ったり愛でたりすることもなく、前出のように本を買ったりしたら大ハズレでがっかりしたり、どこかに行ったりもしなかった。

最近感動が得られない。感情は起伏が激しい、と自分で思っていたけれど実は触れ幅自体はとても小さくて、むしろ心が冷え切っているとでも言おうか、日々に何も面白みがないまま、ただ生きている感じ。

私はどこに行こうとしているのか。自分でも自分がよくわからない。

| | コメント (0)

・・・・・・

オリンピックは佳境、というか終盤戦に突入した。
今日は男子のビッグエア予選とか、カーリング男女、女子パシュート決勝とか・・・そして女子のフィギュアSP!
・・・OARの2人の滑りには声も出なかった。あの子たちって本当に完成している。ただ、えーと、昨年まで活躍していた選手たちは?

ザギトワに至っては15歳。化粧栄えする小さな顔は色香にあふれていたけれど体型はまだ子供のそれ、だ。
個人差はあれど、ロシアの女性は何故年齢を重ねると太っていくのか。食生活?それとも遺伝子によるもの?体型維持ができなくなるから選手を辞めているの?それはわからないけれど。

日本の2選手も頑張った。7つの要素をほぼノーミスで滑りきったけれど、そもそもの基礎点でまず上位2人とは差があり、GOEはもちろんPCSも採点表を見た限り、届かないレベルの差があった。実質、3位狙いでいくしかないのだと思う、OARの二人を除いた選手たちは。
少しでもミスをしてしまったら、メダルは遠のく。
宮原、坂本、どちらにもまだチャンスはあるのだから、頑張って!


・・・五輪どころじゃあない。

大杉漣さんが急性心不全で死去、66歳

なんてこと。信じられない。まだ66歳ですって?
漣さん・・・この人がいなくなったら、テレビも映画も・・・どうするの?!

今、女子のパシュートが終わった。脅威の粘りで劣勢からの金メダル。高木美帆ときたら、この大会で金銀銅全てのメダルを手にしたわけだ。こういうことって珍しいのでは?

いや、本当ならこの喜びだけ、のはずなのに、漣さんの急逝で素直に喜べない。
あ、ゴチどうするの?どうなるの?バイプレーヤーは撮了しているそうだから、最後までぜひオンエアしてほしい。

ああ、いろいろと私的にもあって気持ちは複雑。

なんだか眠れそうにない、今夜は。

| | コメント (0)

五輪雑感

オリンピックは佳境。昨日の女子スピードスケート500mでの小平の金メダルには感動しかなかったけれど、直後から続々と報じられるエピソードの数々に、更に感動。いや、感激?

彼女を支え続けている勤務先である病院の院長さんの器の大きさったら!そして彼女ひとり支えようとしない大企業(長野にもそこそこあるでしょうに)のしみったれ具合ったら!!

今回の金メダルで手のひら返しをするように擦り寄っていく大企業があったとしても、それを受け入れるような人じゃないはず。でも、あくまでも現在の所属はそのままで、支援をしてくれるような企業があるならどうかそうしてあげてほしい。小平選手はまだ滑りたいとインタビューでも答えているのだから。

それにしても、メダルの価値って重いんだ、とつくづく思わされる。
今回の各テレビ局のコメンテーターを見ていても、NHKを除いてほぼ全ての民放がメダリストを起用。
フジなんて何故か柔道の野村忠宏氏だもの・・・だから、何故?!

そんな中独自路線(?)を貫くNHKは、もちろんそれが基準ではないだろうけれど、解説に美女ばかり登場する。スノボは岩垂かれんさん。フィギュアスケートに太田由希奈さん、カーリングは市川美余さん。
そして放送ナビゲーターにモーグルの上村愛子さん。放送サポーターは足立梨花・・・どう見てもルックス重視だよなあ。
ただ、この美女たちが皆才色兼備、解説が実に的確で、面白いのだ。足立嬢もクレバー。安定感がある。家人も偉く感心していた。

前日の羽生と併せて国民栄誉賞授与が検討されているという新聞記事を見かけたが、ぜひそうしてあげてほしい。
どの選手も、世界でほんの一握りの存在。闘いのフィールドに立つまでに、それぞれが数多のエピソードを持っているはず。そして当たり前にそこいらにいるような人ではないけれど、結果が出せないだけで全く日が当たらないまま終わってしまう。

小平だってそうだった。今回金メダルを取ったことで彼女のスポンサーにも目がようやく向けられた。韓国の申選手との友情だって、これが逆の立場だったならこれほどまでに大きく報じられることはなかったかもしれない。

それならば、せめて金メダルを取れた人だけでも報われるような扱いをしてあげてほしい、と思ってしまうのだ。

今日は男子スピードスケート500m決勝、女子カーリング日本×スウェーデン、そして男子のジャンプ団体戦が現在行われている。
リモコン片手にザッピングしながらこれを書いているのだけれど、あちこちで目にする批判は的を射ていると思わざるをえない。
・・・何で夜更かしせにゃならんのだ。日本選手だって、せっかくの時差無しという恩恵を享受できないでしょうよ、これじゃ。
競技の開催時刻は開催国が決めるわけではない、なんて今回のオリンピックで初めて知った。

まあ見ているこちらよりも辛いのは選手たちだ。どうかコンディションを崩さずに実力を発揮してください。応援しています。

| | コメント (0)

一夜明けて

ジムでがっつりと動いてきたけれど、何だかだとつまみ食いをしており、あっという間に稼いだカロリーは消費してしまいそうだ。あうううう。

昨日の男子フィギュアフリー、日本人選手の演技ばかりあちこちのテレビ局でリプレイされているけれど、ネイサン・チェンとか金博洋とかビンセント・ゾウの演技ももう一度見たい。
彼らがこれからどこまで成長してくるか。
ただジャンプを跳べばいい、という現状からスケートそのもののスキルを磨いてPCSもレベルアップしてきたらもう羽生が王座にいられる保証はない。

宇野の演技はどこか高橋大輔さんを髣髴とさせるものがある。
私は高橋さんの演技がとても好きだった。体型という如何ともしがたいハンデがあったのに、それを吹き飛ばすような演技力とスケートへの情熱とが、あまり興味のなかったフィギュアスケートへ目を向かせてくれた。

浅田真央さんも好きだったな。シニアデビューのときの鮮烈な印象が頭から離れない。
しなやかで、指先まで行き届いた演技力と何と表現していいのかわからないけれど、氷を掴む感覚?エッジ?とにかく「スケートが上手い」という点で、高橋さんと浅田さんの演技はぬきんでていたと思う。

・・・所詮素人、浅い知識で何を語ってるんだ、と自分でも思うけれど、実際面白いから仕方ない。
3月の世界選手権、羽生は出場しない可能性が高い、という新聞記事を目にしたがそれでいいと思う。
そりゃ、見たい。彼の演技をもう一度公式戦で目にしたいけれど、ここで無理する必要なんかないのだ。
きっちりと治して、来シーズンこそ万全の状態でリンクに戻ってきて欲しい。

今大会日本初の金メダルは、なんと冬季五輪1000個目の記念すべきメダルだったそうで、羽生クン、本当に何だかもう神がかっているとしか・・・うーむ。

| | コメント (0)

まだ興奮は冷めず

もう、神がかっていたとしか言い様がない。
結果的にFSは2位だった。でも、PCSは1位。そう、ジャンプだけ跳べばいいというわけではないのだ。


まず、ネイサン・チェン。バンクーバーの女子シングルを彷彿とさせるような、フリーでの巻き返し演技には言葉を失った。
6回も跳ぶ?そのうち5回成功しているんだから、4回転。
これで、もし、SPもまともに演技していたら完全に彼が表彰台の一番高いところにいたはずだ。
PCSでは負けたとしても、基礎点が全く異次元なんだもの。

そしてハビエル・フェルナンデス。
4回転が2回転(だったかな)になってしまって基礎点が大幅に下がってしまった。こんなミスをするなんて。

宇野昌磨は・・・アクセル苦手なのかな?冒頭の4Loで転倒してしまったけれど、4Fを見事に降りて、そう、基礎点では羽生弓弦を上回る構成だっただけに残念。
それでも落ち着いていたし、演技後もとても悔しそうで、もしかしたらあまり喜んでいないのかもしれない。あ、本当にそうみたい。今インタビューを見ていて怖くなった。この子、恐ろしくオトナ、だ。もしかしたら精神的には羽生よりしっかりしていたりして。

結局、羽生も小さなミスはあったけれど4Loを4Sに下げたことで安定した演技とスタミナ配分ができたのだろうかと。

もちろん羽生の演技が素晴らしかったことはもちろん、だけど、他の選手たちのいわば自滅、も相俟って見事に彼は連覇を成し遂げた。
インタビューで直前まで構成が確定していなかったことを話していたけれど、怪我した脚の状態は彼の直前のインタビューでの話ほど完全ではなかったんだろう、きっと。本調子なら冒頭は4Loだったはずだ。

いや、赤の他人であり何の関わりもなく、更に言えば大して熱心なファンでもない私ですら、緊張して興奮して、口の中がカラカラになって、演技がつつがなく終わった時は思わず声を上げてしまったくらいなんだから、熱心なファンや、身内、リアルな知人、関係者の方々ならいかばかりか。

せっかくの休日をどこにも出かけず朝からテレビの前にかじりついていたわけだけれど、ちゃんとバランスボールに座ったりストレッチしたり、とそれなりに体は動かしていた。
正月太りを引きずったままのみっともない状態から、4月のライブまでに何とか脱して、件のデニムを履こう。
初代の「履けなかったデニム」は、目標どおり南の島への旅行に履いていくことができたのだから、こっちだって、きっと・・・大丈夫かしら?若干自信がなかったりして。
なにせ典型的な日本人体型だから、下半身のどっしり脂肪はなかなか取れないのだ。

羽生の体型は、日本人離れしている、というより、人間離れしている(!?)。
手足の長さと頭の小ささ、しなやかな筋肉、氷の上で映えるあの体躯は大きな武器だし、切れ長の目が何ともミステリアスで、少年のようなはにかんだ笑顔で人懐こさを見せたかと思えば、「僕はオリンピックを知っている」などとこともなげに言ってのける大胆さも垣間見せる。
優等生なのに、どこか毒を持っていそうな雰囲気がある、なんて思うのは私だけ?

明日はジム。しっかり体を動かしてこよう。そして間食や食事の量をセーブしなきゃ(涙)
ついつい食べ過ぎてしまうんだよなあ・・・あうううう。

| | コメント (0)

一向に上がらない

オリンピックが始まっている。時差もないし、今回は有力とされる選手も多い。
・・・だのに、何故だろう、あまり関心が持てない。興味がわかない。

一応観戦はしている。予想通り、下馬評など当てにならずメダル確実、なんて言われていた競技も結果は・・・毎回、どんな国際大会でもこれだもの。事前に持ち上げ、結果が伴わないことの何と多いことか。

一生懸命頑張っている選手たちの姿は結果がどうあれ素晴らしい。マスコミの姿勢が問題なだけだ。

予定通りSCに行ってきた。
安いニットを2枚と、愛猫の名の花を刺繍したアンサンブルニットに似合いそうなボタニカルのプリーツスカート、など。
ずっと欲しかった片手でできる粉ふるい器、そしてゴム製のヘラもやっと買えた。

帰宅後さっそくこのヘラを使って生おからをフライパンで煎り、おからパウダーをつくった。
帰路立ち寄ったスーパーで生糀を見つけたので、偶々あった冷ご飯をおかゆさんにしてから混ぜ込んで現在甘酒仕込み中。ここでもヘラは大活躍。若干お高い買い物ではあったがコスパは良さそうだ。これからも重宝しそう。

今朝の家人の弁当は、久々にポークたまごおにぎりにした。もちろん自分も食べたかったから。
ポークはチューリップが半分残っていたので、それをこんがりと両面焼いて、卵焼きはマヨネーズを入れて厚めに。
島豆腐を薄切りにして揚げたものと、紅あぐーと久米島の味噌で作った油味噌も入れれば実に美味しく出来上がった。

何かしていないと落ち着かない。気持ちが平静を保てない。だからと言ってどこかに出かけたいわけでもなく、大掃除でもすればいいけれどそこまでテンションは上がらない。
多分旅くらいではどうにも回復しないらしい。どうしよう。

とりあえず今は、山口ハーフマラソンに没頭しよう。私の好きな選手が現在1位集団(?!)のど真ん中で、走っているから・・・と思っていたら、あら?集団から遅れている。どうしたの?
手術から復活して、まだ間に合う東京2020を目指す道のりの2歩目。ここから更に大きく羽ばたいてほしい。

あ、オリンピック、今日の女子のスノボ中止だって。じゃ昨日の男子のジャンプNHだってそうすりゃ良かったのに。かわいそうだったなあ選手たち。
やっぱりあの国はあの場所で開催しちゃダメだよねえ。

| | コメント (0)

ダメ

南の島から無事帰還したら、近所の生協でいきなり沖縄フェアだとかで早速食材を仕入れてきた。
あちらでは朝食バイキングと夕食1回で沖縄料理を満喫し、夕食残りの1回はあちらではポピュラーな夕飯のステーキ。
改めてあちらの料理は口に合う、と思わされた。

昨日はじゅーしい(炊き込みご飯)とゴーヤチャンプルーを作った。
ポーク(スパム)、島豆腐、ゴーヤ、そして味付けには沖縄ソバのだしを使用するので本場の味になり、箸が止まらないくらい美味しかった。

少しはテンションが上がるかな、と思って旅から帰ってきたけれど、アクシデントも失敗も後悔もあり、旅に出る前よりも気分が滅入っている今日この頃。
除雪3回やって全身倦怠感、更にジムで動いて、もう何だかドロのように体が疲れていて何もしたくないのが本音だ。
一人なら多分食事の支度なんかしないだろう。なんなら今、このままベッドに入ったら朝まで起きられない自信がある(え?)し、実際夕食後ソファで1時間ほど寝落ちしてしまった。

オリンピックも始まったが気分が乗らないなあ。時差もあまりないし、観戦にはもってこいなのに、でも何故か文字通り気が乗らない。何もしたくないし何を見ても面白さを感じない。

明日は休みなのだが、家人は隣町で見たい映画があるそうで、一緒に見るつもりはさらさらない私は途中のショッピングセンターに下ろしてもらうことにした。

何を買いたいわけでもないけれど、少しは気分も上がるかもしれない、ウインドウショッピングであっても。

さあ寝よう。日本の入場を見たら。

なんだかこのままダメになりそう。

| | コメント (0)

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »