« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

小麦の誘惑(か?)

パン作りは難しい。

美味しいバゲットが近所に売られていないので、じゃ、作ってみるか、と一念発起したのは半月も前くらいのことだったか。
とりあえず、粉を買おう、とカルディに行ってみたらリスドォル、ソレドォルどちらもなし。
やむなく通販で、これもいずれ作ろうと思っていたクロワッサン用の無塩発酵バターだのクープナイフだのと一緒に、リスドォルと、せっかくだから、とフランスパン専用粉も発注してみた。

そう、リスドォルで作ってもよかったが、モルトパウダーを別に買っても使い切れないと判断したので、麦芽粉末が配合されている粉を選んだ。
そして、ついでに発酵などに使うプレート(20数センチの生地を3本セットできるタイプ)も併せて購入したのだが・・・

まあまあレシピがあることあること。
まず条件としてはこねにHBを使っている―手こねは正直面倒臭いし加減がわからない―こと。
後は手順―発酵の時間や状態の描写―が詳細であること。
そして、モルトパウダーを使用していること―せっかくそういう粉を選んだのだから

悩みに悩んで選んだレシピで今朝頑張ってみましたよ。結果、出来上がったのはなんとも中途半端なバゲットもどき。
原因は・・・考えられるのはまずこね不足。このレシピではHBで3分こねる、とあったがあまりに少ないと思う。
確かにあまりグルテンを出してはいけないのだろうけれど、もう少しうちのHBならこねてみてもよかったのではないだろうか。

もうひとつは発酵時間。
1次発酵は低温でじっくり、とあったがちょっと急いでしまったかもしれない。今回は1時間半程度で切り上げて成形に入ってしまったので、次は冷蔵庫で一晩寝かせてみよう。

次、はクロワッサンに挑戦してみたいのだが、その前にバゲットのリベンジもしたいし・・・

クロワッサンが抱える問題点(?)は二つ。
まず、面倒臭い(え?)
パート・フィユテ同様、生地にバターを折り込むという作業は、常に温度との戦いで、折り込むバターが溶け、生地がダレてしまったら埒が明かない。
伸ばして折りたたんでは冷やして、を3回繰り返すわけで、まとまった時間は空かないから買い物にも出られないし、狭い我が家、掃除なんか始めようものならほこりが立ってしまうからそれもできない。

そして最大の問題点はカロリーだ。折り込むバターの量にくらくらしてしまいそう。あうううう。

それでも、クロワッサン、バゲット共に、焼き立てを食べてみたいという誘惑には勝てそうに無いから、近日中にどちらかを作ろう。
・・・・・・11月の帰省までにもっと体を絞らなければならないというのに。あうううううう。

| | コメント (0)

おめでとうカケル!

今年のシカゴマラソンで、我が愛しのリアルカケル、こと大迫傑(ナイキオレゴンプロジェクト)が日本記録、しかも2時間5分50秒という日本男子初の5分台を叩き出して3位に入った。

ちなみに、優勝したのは同じ所属のモハメド・ファラー。あの、10000mで無敵(でしょう?リオ五輪では転倒したにも関わらずラスト100mでいつもの信じられないスパートを見せて金メダルを獲得したのだから)な選手が、フルマラソン2戦目(だったと思う)であっさりと優勝してしまったのだから驚きだ。

これで、一気に厚底シューズブームかなあ・・・じゃなくて!表彰式後いきなり1億円の目録を手渡された大迫は一瞬きょとんとした表情になりつつも、嬉しそうにそれを受け取り、一気に東京五輪代表候補へと評価を上げた。

彼のことは、箱根時代から注目していた。
渡辺康幸監督率いる当時の早稲田大で、2011年第87回箱根駅伝では1区を走って後続を大きく引き離して1位での襷渡し。結果その年の早稲田総合優勝に大きく貢献している。

大学卒業後日清食品に入社し、2015年のニューイヤーでは1区で区間賞。でもすぐに所属契約を解消し、当初から二重に籍を置いていた形のナイキへ完全移籍してしまったので、正直寂しい気持ちはあった。そう、ニューイヤーで彼を見ることができなくなってしまったからだ。

でも、初マラソンのボストンで、いきなりサブテンの3位入賞。そして今回の日本新、と結果的に彼の選択は正しかったことになる。
去年の福岡国際で3位に入って既にMGCファイナルへの出場権を獲得しているので、確実にどこかの大会で優勝して東京では日の丸をつけてマラソンを走ってほしい。

そしてこのシカゴマラソンで8位に入賞したのが藤本拓(トヨタ自動車)だ。MGCワイルドカードに、条件の2時間8分30秒を悠々クリアして名乗りを上げた。

彼も箱根組。国士舘大学で4年生のときに一度だけ出場している。トラックでは10000mが得意で、これまた我が愛しの明治大鎧坂や東海大村澤(去年の北海道マラソン優勝でMGCファイナル出場権獲得済み)を抑えて関東インカレで2連覇したりしているのに、箱根は1回だけ。
その後トヨタに入社してからは数多のスター選手がいる中でほぼ毎年1区を好走している。
そんな彼が2回目のフルマラソンでいきなり2時間7分台。伸び代半端ない(?!)

MGC派遣設定記録は2時間5分30秒。これくらいの時計を出せなければ到底世界とは戦えないし、今回の大迫の力走で非現実的なそれではなくなってきたのではないか。

あの幻の(開催はされているけど)モスクワ五輪に瀬古が出ていたら・・・以来の、金メダルを狙えるチャンスではないかとひそかに思っている東京五輪。
もちろん、愛しのカケル=大迫なら嬉しさ倍増だが、ほかの選手だって構わない。せめて表彰台には誰かしら上って欲しいと願ってやまない。

| | コメント (0)

やれやれ

3連休、はさておき、台風襲来が予想されたこの週末だったけれど、肩透かし的に大した雨風も無かった。
被災地には避難勧告も出ていたが、大きな被害はなかったようで、少し離れた地域に住む私も安堵している。

今日の晩御飯は今秋初のおでんにした。これを作るには本当にシャトルシェフは有能で、牛筋の下茹でから、大根などの下煮、そして全てを入れてからの煮込み、とガス代の節約にはもってこいなのだ。

家人が2日ほど不在にしてくれたので、その間は家事はともかく食生活は酷いものだった。
料理らしい料理は一切作らず、出来あいのもずく酢、冷奴、剥いただけの果物、あ、秋刀魚の酢〆だけはどうしても食べたくて、わざわざ刺身用の秋刀魚を買いに行って作ったっけ。
でもそれ以外は只管手抜きの3日。

あーあ、またおさんどんしなきゃならなくなっちゃった(いや、これが当たり前のことなんだけど)。
基本的にナマケモノ属の生き物なので、何もしないで済むなら済ませたい。

さ、そろそろ支度を始めよう。面倒臭いなあ・・・

| | コメント (0)

旅の終わりに

いつの間にか月替わりしていた。
先月末のちょっとした記念日を内地の某観光地で迎え、その楽しかった時間と現状とのコントラストがあまりに激しいため、テンションが下がりきっている。

それにしても今年は台風のなんと多いこと。
考えてみると、私の最近の旅、は常に気象状況との闘いだったように思えてならない。今回だって旅の前後のみならず、真っ最中に最も開いたのは気象に関するアプリだった。

現に、帰路の便を、偶々空港に早く着いたこと、同行者が体調不良だったこともあって1時間早いそれに変更したところ、当初載る予定だった便が欠航になったことを知って背筋が凍った。
案の定、変更した便はあっという間に満席になり、空席待ちが何人も出てしまったではないか。座席指定したときも、残っていた窓際の席は僅かで、これもギリギリ。
バゲージだって一時できなかった。つまりこの便すら飛ばすかどうかギリギリまで判断に迷っていたのだろう。

今週末は家人が所用で内地に行くのだが、どうやらそれも台風の影響をモロに受けそうで・・・ってこれも私の所為?!
臨機応変な対応なぞまずできない人なので、航空会社からの通知はこちらで受け取り、逐次コントロール(?)することにした。
24号はスピードが落ちたが、25号は気温も下がるからもしかしたら上がるかもしれない。
刻一刻と変化するであろう状況をよく把握して判断しなきゃ。



ちなみに、冒頭の某観光地、はン十年昔には良く訪れていた場所だった。
大々的にリニューアルしてからは一度も足を運んだことが無く、恐らく一生行かずに終わるだろうと思っていたが、旅の行き先を考えていたらふとそこが頭に浮かんだ。

親戚の家から近いこともあって宿泊したことはなかったのだが、一番最近できたという敷地内のホテルは清潔で雰囲気も良く、部屋は最上階だったから田園の景色を楽しめてしかも静か。
食事は2食ともバイキングだし、まあ子供が多くて賑やかだったけれどこれも非日常と割り切ってみれば十分楽しめたし実際料理もバラエティに富んでいて意外に美味しかった。

温泉を楽しみ、これまたン十年ぶりの水着を思い切って着て(このためだけに買いましたよええ)、でも、子供たちには1日じゃ遊び足りないだろうけれど、オトナにとって、ここは確かに1泊で十分だと思わされた。

小奇麗に変わってしまったけれど、メインの建物は構造がそのまま残っていて、幼い頃には広大に感じられたけれど、今になって改めて見たら決してそうではなかった。
リニューアルしたといってもそれなりに時間が経っているからあちこちが古く、清掃も行き届いていないからお世辞にも清潔とは言えない箇所も少なからずあった。

それでも、本当に行ってよかったと思う。連れて行ってくれた友人には心から感謝したい。


それにしても、現実ってつまらないし苛酷。ずっと旅の中、夢の中でたゆたっていたかったなあ・・・って、「儚いから綺麗」。
さあ、夕飯の支度をしなきゃ。私の日常、はここにあるのだ。

| | コメント (0)

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »