入った!が、しかし・・・

勤務先のサイトはFrontPageで作成している。タグとかHTMLなんかわからないし(開き直り)。

PCのOSはXPだから、サポート終了に伴って買い換えることを考えているのだが、そこで困ったのがサイトの更新だ。

とにかく速度が遅く、ちょっとバタつくとフリーズしてしまうので、私物のPC(Windows7)を持ち込んで仕事に使っている(ちゃんとHDDをパーティションで区切って公私は分けてますが)現状があり、そうなると果たしてFrontPageは動くのか。使い慣れているImageComposerはインストールできるのか。

やっちゃってみて私のPCに悪影響が出るのも困るのであれこれ調べてみたが、明確な答え(実際インストールして使っています、的な)が書かれたサイトはない。多分、そもそもこのソフト自体が少数派だったからではないかとは思うが、今更他のソフト(ビルダーは持っているけど正直使いこなせていない)で作り直すのは嫌だ。

諸事情あって時間もないので、えーい、ままよ、とばかりまずFPの方をインストールしてみた!

・・・あら、できるじゃないの。あっさり入れることができちゃった。あ、立ち上がったけど・・・

起動の都度画面の右下にメッセージが出る。カスタム?既定?何なの???

言われるがままダブルクリックしてみると・・・スキーマ?何これ??え?IEのバージョンってもはや9なんだけど、選択肢にないじゃん。どういうこと?だからそもそもスキーマって何?

これはもはや私の手には負えない。いっそヘルプを、と思っても・・・ちょっとね(謎)

会社用のPCのこともあるから、私のPCをカスタマイズしてくれた近所の業者さんを呼ぼうかな、と今思案中だ。

それでもまあ、何とか使えそうなので見切り発車しちゃおうと思う。
通りすがりのどなたか、「バカやってんじゃねーよ」と思ったらご教示を。


台風の被害が甚大で驚いている。
ニュースの映像を見るだけで、私のような素人にすら土壌が火山灰土だとわかる。
水はけが良い土が表面に覆いかぶさっているような形だったから、表土が水で浮いて滑っていってしまったんだろう。
これまでだって台風などによる豪雨はあったはずだけど、今回は未曽有の降水量だったそうで、この被害を想定しろ、と言われても難しかっただろうな。

夜中の避難が危ない、という言い分もわからないでもないけれど、その前にも、日中、避難勧告を出すタイミングはあったようだし、そもそも台風接近が予測されている中で町長のみならず副町長までが島を離れているのは如何なものか。
そういう事情なら会議を急遽欠席しても責められることもないだろうに。よほど行きたかったの?とつい勘ぐってしまう。

土砂に埋もれながら生存が確認されていた76歳の女性が、ついに力尽きてしまわれたそうだ。
この方のことは、昨晩存在を知ってからずっと気になっていたのだが、本当に残念でならない。
懸命の救助作業をされていた皆様も意気消沈されていることだろう。考えるだに胸が痛む。
そして、まだ多くの方が土砂や瓦礫の下におられるという。
陸自やハイパーレスキュー隊など、多くの救助隊が島に入っているようだが、どうか二次災害のないよう、一日でも早く全ての行方不明者が発見されることを祈るばかりだ。

北海道は、甚大な被害こそなかったものの、台風の置き土産で季節外れの積雪が見られた。
こんな時にでも峠越えをしなければならないお仕事の方は本当にお気の毒。
日勝や野塚は早々通行止めになっていたが、石北は通れたようで、タイヤチェーンを装着している大型車のドライバーが映し出されていた。
私の住む街は、例年なら11月に入ってからでも十分間に合うタイヤ交換も、この異常気象続きの中にあって、少し早めにしなければ、と考えている。


今週末は箱根の予選会。
来年は記念大会の上に学連選抜がないので、参加44チーム中13チームが本戦への切符を手にできる。
更に言えば、インカレポイントも廃止されたので、文字通り10人の結果だけの勝負となるからわかりやすい。
毎回惜しいところで涙を呑む新興勢力、あるいは約30年ぶりの予選会スタートとなる古豪中央や、去年はエースを欠いて本戦出場ができなかった東海などの名門、果たしてどの大学が箱根路を疾走することができるのか。
生憎当日は外出してしまうので、録画しておいて後日ゆっくり見るつもり。ま、多分途中経過をケータイで追いかけてしまうから結果はわかってしまうけれど(笑)

| | コメント (0)

私怒ってます

うちの猫たちが愛食している缶詰が、規格変更になり内容量が大幅に減ってしまった。
これはまずい、と焦って旧タイプのそれを探していたら、やっととある楽天のペット用品店で発見。
念の為在庫確認までして発注したのだが、届いたのは新しいパッケージのものだった。

すぐにその店に電話し、確認したところ受注者と発送者の間に行き違いがあった、とのこと。
それなら旧タイプの商品はあるのか、と尋ねたところなんとも曖昧な回答が。
とりあえず在庫確認をして折り返し連絡をくれるということなので待っていたら…在庫確認の際にミスがあり、そもそも新タイプしかなかったのだそうだ。

ぬか喜び。なまじ喜んだものだから反動が大きく、つい語気も荒くなってしまったが、とりあえず商品は着払いですぐ送り返すこと、クレジット払いなのですぐにキャンセル手続きをするように、とだけ言い残して電話を切った。

楽天も店舗数が増えたからかいい加減な対応をする店が出てきたみたい。
ちょっと前にも納期の確認をしたが当初のそれと2週間近い齟齬が生じたのでキャンセルを余儀なくされたり、発送の連絡や、届いた品物にも明細がなかったり、といったトラブルがあったのだが、今回はショップサイドの対応こそ悪くなかったがあまりに客商売としての意識が希薄ではないか。

さて、どうしよう。
もうこのショップが最後の砦だったのに。
いずれにせよ、今回購入できたとしても半年もしないうちに在庫は尽きたわけで、新しいフードを探さなければならなかったのだ。それが早まっただけのこと。それだけのことなんだけど…あーやっぱり腹立たしい!!

次回からは気をつけます、そう相手は言ったが、次回はない。
もう二度とこのショップは利用しないから。

ああ、缶詰行脚の旅(?)が始まるなあ。今食べてるのもさんざっぱら探してようやっと辿りついたのに(涙)
値段高くてもいいから、あのサイズの缶詰ないかなあ…

| | コメント (0)

無事帰還はしたものの

箱に入ったままのマイパソコン。
…なんだか面倒くさくなっちゃった、セットアップするのが。
しかも、外付けにしてもらうHDDの所謂外箱(?)がまだ納品されてないそうで、ってか「やっぱこれ使うの?」…だーかーらー!使いたいデータが他にまだ残ってる、って言ったじゃん!
マイドキュメントにとりあえず画像だのデータだのはぶちこんでおいたので、みーちゃんのかわいいショットも集めた野猿の懐かしいシーンも無事新しいHDDへお引越ししているからまあ最悪の事態は避けられた。
でもメーラーの中の一つのデータが破損してたそうで、もしかしたらそれが今回の件の原因かもしれないそうだ。
やはり最初のメッセージで手を打って正解だったって。このまま使い続けていたらクラッシュしてもおかしくなかった、そう聞かされて背筋がぞくっとした。

業者さんは私が使っているシェアウェアのメーラーがいたくお気に召さないようで、しきりにこんなソフト知らない、と繰り返していたけれど、もう数年来これだから今更他のソフトには替えられない。特にOE。これは彼も勧めなかった。
何かお奨めありますかね?(誰に聞いてるんだ?)

今のところ職場のPCをかなりカスタマイズしたので(いいのか?)、置き場所をきれいに掃除してから(これも、面倒くさいことの一つ)焦らずぼちぼちセットアップしましょう。インターネットのセットアップもしなきゃならんし。

今年の冬はマッサージ椅子を買おう、と家人と決めているので、パソコンを買い換えるならへそくりから、か。
果たしてコストパフォーマンス抜きにしてNEC(玉木様~!)にするか、抜きにしないでDELLにするか、あるいは業者さんお奨めの「自作」PC…もちろん作るのは業者さんですが。
新しい新しい、と思っていたけど使い始めたのは2002年12月だった。6年目だ、もう。
あの頃は最新型だったはずなのに(エラく高かった!)今では部品の有無すら怪しいらしい。
田舎暮らしでインターネットは生命線。ここはひとつ、惜しむことなく買い替えることだけは決定しよう。
本当に今年はしょっぱなからお金がかかることばかりで、やんなっちゃう。あ、車検だ今年。うああああ。

…倹約します、今年こそ。
(何度誓ったことか)

| | コメント (0)

パ、パソコンが…

朝立ち上げようとスイッチを押し、バスタブに湯を張りに行って戻ったら、ディスプレイが見慣れないブルースクリーンに。

…うそ

とりあえずなけなしの英語力を駆使して解読すると、「このメッセージが初めてなら、シャットダウンして再起動せよ」とのことなので、震える指先でスイッチを再度押す。
今度は無事立ち上がったのだが、果たしてこの事態を無視していいのかどうか。
いずれにしても、ほこりがずいぶん溜まっているだろうから分解掃除をお願いしようと思っていたので、なじみの業者に連絡。
すると、意外に深刻なことなんだそうで、実際最近は起動も遅いしIEもしょっちゅうダウンするし、ここは一つリカバリで、という業者の言葉に頷くことにした。
内蔵のHDDを外付けにし、新しいHDDを入れる。これは以前から考えていたことでもあるから抵抗はない。
金額的にも驚くほどのものでもないし、明日には終わるそうだ。

緊急避難的に、職場のPCに大事なデータを写してはいるのだがもし画像や受信メールが消えたら…ま、そんなこたないと業者も言っていたのでまずは信じることにしよう。

でも2002年12月から働いてくれているマイパソコン。そろそろ買い替え時なのかなあ。
DOSの頃からNECなので、次もそうしたいところだが、コストパフォーマンス…あうううう。
それだけならやっぱりDELLか。
とりあえず今回は修理でお茶を濁し、今年の暮れにでも考えよう。

それにしてもないと不便だな、パソコン。
今では辞書代わり、翻訳機代わり、レシピ本代わり、etc、etc…だもの。
早く帰ってきてくれますように。

| | コメント (0)

再会@この広い世界の中で

「信じられない植物」というのはフリーで配布されていたスクリプトであって、それを用いた様々なサイトがあることを最近になって知った。
たまたま私は今ブログパーツにもしているここを最初に知り、また偶々空いているサーバーがあったため何も考えずにユーザー登録してしまったのだが結果オーライだったらしい。
本家とやらも覗いてみたけれどサイトそのもののセンスなどは今遊んでいるサイトの方が断然垢抜けているし、本家では植物の画像も変わるそうだから、本当に今のサイトでよかった、そうしみじみ思っている。

生憎ヒマだけはたっぷりとあるので(単に様々なことをサボっているだけなんだけど)マメに世話をしているのだが、現実と一緒でなかなかお金がたまらないんだよなあ。
見ればさくさくと金をためてショップを開き、高価な備品を次々買い揃えているユーザーの多いこと多いこと。
どうしてあんなに貯めこめるのかしら。うーん。

さて、私の参加しているサイトではオリジナル要素が多い。中でも開花と同時に入手できる宝石は収集の楽しさもあって秀逸だ。
その宝石のグラフィックを提供している素材サイトを何気なく開いてみて驚いた。

なんと!本業のサイトで使用したはいいが、出所を控えておくことを失念したため二度と探し出せなかった素材がそこで見つかったのだ。

かれこれ3、4年前になろうか。
急ごしらえでわたわたしていたとは言え、素材をお借りしておきながらリンクすらしなかったこの不届きモノをどうかご容赦いただきたい。
早速明日にでもリンクを貼らせていただこう。
他にも美しい素材がたくさんあって、目の保養になること請け合い。

それにしても、この無限と言っても過言ではない、だだっ広いインターネットの世界でよもやこんな偶然に出会えるとは。
…こんなところでツキを使いたくなかった…あううう。違うか(笑)

ストレスもあるのだろう。首からアタマにかけて締め付けるような痛みと重みとが酷く、正直今日一日使い物にならなかった。
そんな中、これも偶々カンタンな頭痛予防のストレッチというのをネットで見つけ、試してみた。
首や肩、腕などを伸ばしたり縮めたり。するとどうだろう。あのいやーな痛みが嘘のように引いたのだ。
行きつけの整体は案の定予約が取れず(ここは受付の女性が最悪に感じ悪いが、先生の腕がいいから行かざるを得ない)ちょっと途方に暮れていたがこの分なら行かないで済みそう。やれやれ。
このストレスの要因だけはどうにもできない-私の力の及ばない部分でのトラブルなので-から対症療法で誤魔化すしかないのだ。
更に大きなストレッサーとなるのかどうか、全ては今週末にわかる。どうか今の生活が維持できますように。

| | コメント (1)

指くわえて眺めてます@早く開けたい

来ました。職場用に購入したDellのパソコン。
でも設置が来月上旬になったため、最新鋭の機器が目の前にあるにも関わらず、今日もせっせと98SEでpentiumⅢの、PIXUS繋いだらもうしょっちゅうメモリ不足でフリーズするパソコンで仕事をしました…あうううう。
諸事情があって、OEMではない製品版のOfficeとFrontpageを買ったのですが、それを横目にExcel97で給与計算です、ってまあバージョンが違って困るほど使い込んでもいないのでこれはあまりジレンマではないかな。

Dell0626
開封すらできずにいるパソコン。ディスプレイは19インチ!

Msoffice0626
一応封は切ったソフト。Officeの製品版なんて初めて見た。

私用のPCはもう購入から4年目。そこそこのスペックですが今回のPCに比べれば性能は劣ります。値段はでも3倍!
技術の進化に伴って、こういった精密機器はどんどん高性能低価格傾向になっていくわけですね。
だからと言って、じゃあうちのPCも買い替えよう、とは思いません。データ移管が面倒というのもあるけれど、このマシンだってまだまだ十分使えますから。愛着もありますし。

早く使いたいなあ。
やろうと思えば多分できる接続やTAの設定ですが、最近公私共にちょっと忙しいので時間が取れない。
週末は函館競馬を見に行くのですが、その模様は新しいPCで…ってそうだ、職場用なんだっけ。
設置後しばらくは職場に残っていろいろ遊んでしまいそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

のあちは再び青ざめる

何故か思い立ってXPのSP2をインストールしようと、朝のクソ忙しい時に何気なくクリックしたアイコン。
これがパニックを呼び起こした。
無事インストール完了、そして再起動…お?画面が黒いぞ。
そう、起動しないのだ、パソコンが。
家事の片手間なのでずっと張り付いているわけにもいかず、キッチンからちらちらと覗き見るけれど、ディスプレイは依然真っ黒。HDDは沈黙。
凡そ10分ほどその状態が続き、徐々に私の背中にはじと、っといや~な汗が滲み出してきた。
さすがにもう限界、とばかり、某身内の家に電話をした時にはアイコンクリックから既に15分以上経過。
パソコンの師匠(いつもお世話になってます)である某身内のダンナがまだ睡眠中であることは百も承知だったがなんせ非常事態。構っちゃいられん、許せ!とばかりに電話口の身内に事情をまくし立てると、その勢いに負けダンナを起こし、事情を説明してくれることに。感謝。

数十秒の保留音が長いこと長いこと。

ようやく返ってきた「電源切っていいって」という短い言葉に不安を覚えつつ電源をぶった切り、再度入れる。と…

「画面青いけど…あ、黒くなった。しばらくお待ちください、だって」
「あ、じゃあ大丈夫みたいだ、って」

…やれやれ。
お礼を言って電話を切った後も、音源が読み込まれなかったりととりあえず私でも何とかなる小さなトラブルが発生。それでもどうにか元通りに起動してくれたパソコンに、思わず頬ずりをしたその瞬間電話が鳴り出した。
取った受話器の向こうからは某身内の声が。

「パソコン、ちゃんと起動した?」

おお、さすが身内。フォローまでしてくれるのか。心配かけてごめんねありがとう…

「うん、大丈夫よ。ありがとね」

いや、そのまま起動しないこともあるんだって」…な、なんですと!?

「さっきの電話のあとダンナがいきなり起き上がって何か調べてたんだけど、そういう状態でそのまま起動しなくなることもあるんだってね。だからうち入れてないよ、SP2」
その瞬間、今度こそ血の気が引いたのは言うまでもない。

今日はこれから再びバックアップに勤しむ予定。
いや、ホントパソコンってわかりませんわ。今はただただご機嫌を取るべくディスプレイを磨いたりしてるんですけど…って関係ないよな(鬱)
便利だけど、ひとたびへそを曲げられたら手のつけようもないブラックボックス。
パソコンに振り回された朝のひとときでした(と綺麗にまとめてみる)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オークションそして携帯メールの功罪と

ネットオークションは、昔ヤフーで何度か売買を経験し、今はビッダーズでごく稀に参加しています。
でもオークションといえばやはり最大手はヤフー。現在はIDを持っていないので、欲しいものが出品されていたら某身内にお願いして落札してもらっているのですが、アラート機能を使えないため、きっといろいろ逃しているモノがあるんだろうな。
以前は地元にいる数少ないお友達にもお願いしたことがありましたが、ダンナさんの転勤でこの地を離れてしまったのでさすがに頼めなくなりました。

土曜日に買ったデジタルカメラも、オークションにはかなりの数出品されていて、恐らく私が購入した価格よりもかなり安価で入手できそうです。
でも。
…何故新品をそんな価格で出品できるのでしょうか。本当にまっとうな流通経路で入手されたものなのでしょうか。
出品の理由がちゃんと書かれているものもありますが、全てがそうというわけでもなく、疑うとキリがありません。でも疑わずにはいられない。犯罪の片棒は担ぎたくないので。
ということで、結局店頭で、値切りつつ買うということにしたわけです。

オークションのシステムを家人に説明したところ、どうにも理解できないと彼が首を捻ったのは、
「何故、見ず知らずの他人と、代金先払いで取引なんかできるんだ?」…確かにそうです。
大規模な詐欺事件がありましたが、いずれも途中まではきちんと取引に応じ、ある程度評価を上げたところでいきなり代金だけ振り込ませて品物を送らない、という手に出るとのこと。
どこがターニングポイントになるかわからないわけで、これは大きなリスクです。
とにかくあまり大きな金額の品物には手を出さない。これしか自衛策はないのかもしれない。

閑話休題。
携帯でもオークションに参加できるようになってから、オークションの中に「携帯メールのみの方の入札はお断り」という注意書きがある出品物が見られるようになりました。
私もこれは頷けます。
以前、猫の里親募集をしたところ、かなりカワイイ子猫だったこともあって10通以上のメールをいただきました。
その中には携帯から、のものが半分近くあり、そのいずれもが「猫欲しいです。いつもらえますか?」など礼を失したものがほとんどだったことに驚かされると同時に不快感を味わいました。
差出人の非常識さはもちろんのこと、でも携帯メールの字数制限がそうさせているのかも、と好意的に考えようにもあまりにも…でしたので、その後また里親探しの機会があったときは最初から「携帯メールお断り」という内容の記載を入れたのは言うまでもありません。
中には、携帯メールでもきちんとした内容のものがあります。でも字数制限があるためなかなか意思の疎通が取れず何度も何度もメールをやりとりしなければならないのはわずらわしいことでもありました。
以前にも書いたと思いますが、私はメールを含めインターネットは基本的にパソコンでアクセスすべきものだと考えます。
携帯を使うことを全否定するつもりはありません。実際私も活用しています。
でも、携帯オンリーのユーザーは、自分の手の中のその小さいツールが全世界に繋がっているという自覚が果たして実感できているのでしょうか。
小文字1つ間違えただけで、そのメールは全世界の誰ともわからない人に送られてしまうかもしれない。
また、ウイルスだって虎視眈々とモバイルユーザーを狙っていますが、パソコンとちがってその防御のためのソフトなぞ普及してはいませんし。

年上の友人はとてもしっかりとして、気配りもできるひと。
でも彼女からの携帯メールには自分の名前もなければ挨拶もない。最初にいただいたメールを見てかなりがっかりしましたが、きっとインプリンティング、携帯メールはこういうものだ、ともう刷り込みがされているんでしょうね。
友達同士で短い言葉のやり取りをする時と、そうではない、それこそ猫を里子にもらうような時。そのTPOによる使い分けをすべき、と思う私は古いタイプの人間なんでしょうか。

で、話をオークションに戻して。
最近身内にお願いした、というかきっと私が欲しがるだろうと先回りして落札してもらったのがとあるキャラクターのストラップ。
画像を見たらこれがま~たかわいいの。
今から届くのがとても楽しみです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

そしてのあちは青ざめる。

今日は朝から雨。時折雷なんかも交えながらひんやりした空気の中仕事も家事もサボっている今日この頃。
雷、といえば。
ここは今ひとつ電気関係が不安定で、雷雨の間は停電が起きることがままあります。
昨夏も、パソコンで何か作業をしていた最中に近所で落雷、その直後停電したのですが、パソコンもシャットアウト。
でもXPだし、こりゃ大丈夫、ケロリンとした顔でまた起動できるに決まってるさ、と安直に考えていたのですが、そうは問屋が卸さない(死語)。
顛末を当時つけていた日記から抜粋してみました。今読んでも冷や汗が出ます。

昨日の午後、雷雨の最中に一瞬送電が止まった。
その影響で我が家は停電、1分と立たないうちに復旧したのだが…
そこで悲劇は起こった。

当然パソコンも立ち上げていて、恐らくメールソフトが
気を利かせて新着確認でもしていたものと思われる。
カチャカチャと微かに音を立てて動いていたHDD。
そこでばちん、とそれこそ音を立てて真っ暗になったディスプレイ。
でもまあXPだし。そう高をくくって電源を入れ、実際スタートの画面はあっさりと目の前に広がった。
ところが。
私はそこで青ざめた。

…これ、ってフリーズじゃないよね。

いつまでも思案中といった風情のメーラー。
マイコンピュータも、IEも、幾度ダブルクリックしてもウンともスンとも言いやしない。

…ウソ。

泡喰って電源をぶっちぎると、即座にセーフモードを思いついた。
そうだ。システムの復元を試みよう。とそこまでは冷静だったが…

え?!なんで?セーフモードから「すべてのプログラム」をクリックしたのに…

目の前に広がる塗り壁。もとい、灰色の大きなウインドウ。
恐怖に再度電源をぶった切る。
落ち着け。落ち着くんだ。
恐る恐る電源のスイッチを入れる。そして見た。

XPもスキャンディスクするんだ

どんなに乱暴にお別れしても、次回は笑顔(?)で立ち上がる。そんなXPが己を黙々とチェックしている。
そうか。自衛手段をとってるのか。ああ、これで助かった、そう思ったのも束の間。
「リスタートするまでの間、待っててね」(注:当然英語)というメッセージを残して愛機はそのまま沈黙した。

…あちゃあ(死語)…

そこでようやく事態の重篤さを悟り、自力での解決を諦めて、藁にも縋る思いでNECのサポセンに電話をかけたときにはもう背中は汗びっしょり、顔は既に血の気を失うのを通り越して紅潮。
未だかつてない危機に、電話が繋がるまでの数分がどれほど長く感じられたことだろうか。

「ハイ、サポートセンターの○○です」

うら若きお姉ちゃんの、まだ幼さを残す声を聞いた途端堰を切ったように我が身の置かれている状況を語りだすオバサン。その怒涛のごとき勢いに満ち満ちた声音にも彼女は冷静だった。

「お客様、以前こちらにご登録いただいたことはございますか?」
…あったかも。あ、そうだ。登録したわ。あのときは確か、買って数日のうちに、縦置きした本体に入れたCD-ROMが機械の中に落っこちちゃって…ってなあ。何してんだか…閑話休題。

はやる心で告げた電話番号を冷静に復唱した彼女は程なくこう告げた。
「ご登録いただいております。で、今回はどのような…」

それから彼女の言うがままケーブルを引っこ抜いたり電源を入れたりF4押したりF8押したり。
様々な手段をとること20数分。ポツリ、と彼女は口にした。

「…ウインドウズが機能していない可能性があります
「え?え?それって…」
バックアップももう取れないと思いますので…」
「ええええ--っ!?じゃあなに、もう再セットアップしか手がないってこと??!」
「…ハイ(若干申し訳なさそうな声でした)」
「え---っ!!ウソぉ!どうしよう…」

あっさりと恐ろしいことをぬかすお嬢さんにすっかりパニック。
半ばヒステリー状態でわけわからんことを口走るオバサンに、彼女は同情したのか呆れたのかわからないが、最後、とばかりにひとつの指示を出した。

「それでは、電源を落としてください。そして、再度電源を入れるときに、F2のキーを押し続けてください」
「ハイ!」
藁どころか猫の毛にでもつかまりたい。必死にF2を押す。
「あのいつもの黒地にロゴが」
「遅かったですね」

…遅かった…遅かった…遅かった…(リフレイン)

「も、もう…ダメなの…」度を越したショックのため虚脱感に襲われるオバサンに、彼女はあっさりと、
「いえ、押すのが遅かった、ということです」…をい。
気を取り直して再チャレンジ。
「あ、見たことない画面が出ました!!」
「それではですね、こうして、ああして…」

指示通りクリックしたりすること数回。
「それでは、再び電源をオフにしてください」
「ハ、ハイ!」
「では電源を入れてください」
「ハイ!!!」

ロゴ。ユーザー選択。そして。
「コントロールパネルを選んでください」
「…ダメ。またさっきと同じで選択してもウンともスンとも…お?」

一瞬過ぎる見慣れた場面。
あ…あ…ああっ!!!出、出たあ!!コ、コントロールパネルだあ!」
「よかったですね。それでは、すべてのプ…」
出た出た出た!!すべてのプログラム出たぁぁぁぁ!!!」
「それでは念のためシステムの復元とその前にバックアップをお取りになられたほうが…」
「ありがとう!!あなたの声が天使の声に聞こえてきた(これマジに言いました恥ずかしいったらもう)」
「いえ、どうしまして(苦笑←してただろうこと間違いなし)」
「ねえ、もっかいお名前教えて!」
「○○と申します」
「ありがとう!本当にもうどうしようかと思っちゃった。ありがとうね!」
「また何かございましたらいつでもご連絡ください」

ディスプレイばちん、から復活まで30数分。多分たったそれだけの時間で、マジに1キロ痩せました。
朝と夕方とでジャスト1キロ違ってたウエイト。
誰かさんの病気のときも事故のときも、何にもしないで痩せたしさ、人間、ダイエットなんかしなくても、危機的状況に陥ると痩せるんだ、としみじみ実感。
ふう。
さ、ディスク買ってきて今日はバックアップ取りに勤しみます。

…バカですね~
で、もっと私はバカだった、と後でわかりました。
その約1ヵ月後、再び停電は起き、同じように塗り壁が現れたのですが、ふと思い立ってそのまま放置していたところ…ものの3分で復活しました。
そう。そのまま放っておけばよかったんです。全てはお利口さんなパソコンさんが自分で解決してくれたんです。
いや、知らないって怖い。
ヘタにあれこれいじって逆に不測の事態に陥ってたかも。
まあインストラクターのお姉ちゃんの言うとおりにしていたのでその危険性は薄かったとは思いますが、それでもあの時味わった恐怖は一生忘れません。
思い立ったが吉日。そうだ、バックアップ取ろう(取ってなかったのかよおい)。

 

雨降りでややぐてっとしています。デブ猫カンタ初お目見え。

kanta0613
どうぞよろしくカンタです。したくもないだいえっとのせいでぼくのごはんはおいしくないうえにちょっとしかもらえません。

当初は7キロでしたが緩やかにウエイトは下降線を辿っています(1日の給餌内容→ヒルズのr/d 80グラム)。
最低限でも6~6.2キロくらいにしたいと思っているところですが、夫が私の隙をついて追加給餌してしまうのでなかなか思うように行かなくて…もう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)