もやもやもやもや…@嘘つきはどっち?

昨日、というか厳密には今日(?)から道内テレ東系列局で「もやもやさまぁ~ず」がいよいよ始まる。
今年の正月特番で初めて見てから、そのあまりの脱力感と絶妙なキャスティングに心引かれ、レギュラー化を知った時は思わず小躍りしたものだった。
だが、すぐに北海道ではオンエアされないと知り、期待した分ショックは大きかった。
今回の拡大SP、北赤羽!なんと渋い選択だろう。比較的近所に住んでいた私だって行ったことないし(笑)なんで北赤羽?
北新宿(だからなんでそこ?)にも登場した胡散臭い自販機、やけに価格設定の細かい喫茶店、等々夜中なのにテンション↑で、爆笑ではなく小笑いの面白さを堪能させていただきました。

…ここまで書いてからふと三村が呟いた「でもこの結果見れない人もいるんだよな」を思い出し、何の気なしに系列局の来週の番組表を見に行ったら…うっそ!ないじゃんもやもや。
早速これから苦情と要望のメールを局に入れる。もしこのエントリをご覧になったら、どうぞテレビ北海道に要望のメール、ご協力お願いします!
「もやもやさまぁ~ずをレギュラー放送してください!」これだけでいいんです(懇願)

ミートホープ社の不正を巡って、内部告発から事実が明るみに出るまでのタイムラグが問題になっている。
農水省の出先機関、北海道農政事務所側は道庁の担当部署に「文書を持参した」としているが、実はその訪問したとされる日に文書を受け取るべき担当者は出張中で不在だった。
「十分な説明が必要」と判断したためわざわざ出向いたのなら、他の職員に受け取りを求めることはありえない。
この件について赤木農水相は「文書番号をつけた公文書を」と会見で述べているが、ここにひとつ大きな誤りがある。
現実に農政事務所が作成したとされた文書は「事務連絡」なのだ。この現物についてはニュース映像などで私も目にしているから間違いない。
一般に、事務連絡文書を発行する場合文書番号簿に記載は残らない。もちろん文書作成に当たって原議書(起案書)は存在し、そこには関係各所や決裁権者の押印もあろう。
だが、文書番号がなければ、それらを後から作成することは幾らでも可能だ。
ファックスやメールでは逆に発信履歴が残る。でも手交したとなれば証拠は残らない。場所的に恐らく交通機関も利用していないだろう。
これらの事実を勘案すれば、虚偽を謳っているのは農政事務所側であろうことは明白だと私は考えている。

もはや水掛け論でしかないが、恐らく最後まで農政事務所、つまり農水省は非を認めないだろう。そこにどんな矜持があるのか。
こんなくだらない駆け引きに時間を費やすヒマがあれば、ミ社の田中社長も仄めかしていた同業他社の不正について、その存在を速やかに調査すべきだ。

公務員は市民、国民の奉仕者。
でも現実にそれを意識している職員が果たしてどれだけいるのだろう。

| | コメント (0)

展示会第一弾!@オイルダラーの脅威?

晴れ渡った空の下、日高町までドライブ。
…って私が運転したわけじゃあないんですけど。

目的地はダーレースタリオンコンプレックス。シネコンならぬスタコンですね。
昨年はアルカセットだけが淋しく繋養されていたこの施設も、今年はルールオブロー、そしてあのファンタスティックライトと3頭体制になりました。
優駿やイーストに繋養中の4頭も併せて7頭。昨年こそ施設開きも兼ねていたから注目度が高かっただけで、内国産はいないからきっと大して混んでないよ、という相方の読みは外れました。

…大盛況じゃあありませんか。
もう駐車場も満車。端っこの遠いところにようやっと止めて会場へ。受付を済ませたらすぐに暖かいココアの入ったコップを手渡されました。ありがたい。
ダーレーと言えば肉まん(え?)。それらしきテントの中に入ってびっくりです。
ケータリング!生寿司は流石の社台でも出てきません。その他にも中華系、ホットドッグなどの軽食系、おなじみの肉まんは別の建物に健在だったらしい(気付かなかった)。

祝日だったこともあって、お子様や近所のおばちゃん風情の方もいらしてました。
観客の中で目に付いたところではかの名馬の馬主で昨年ダーレーに現役馬をトレードさせた某氏夫妻。専用の観覧枠で熱心に馬を見ていたのが印象的でした。

で、肝心の馬。

Dahjee0212
ダージー
優駿SS繋養。司会の合田氏がしきりに強調するのが全兄弟のドバイミレニアムの戦績。それっていかがなものなんでしょうか。

Marienbard0212
マリエンバード
イーストS繋養。意外に走りませんね、産駒。

Grandera0212
グランデラ
優駿SS繋養。綺麗な栗毛。

Moonballad0212
ムーンバラッド
同上。これまた栗毛です。個人的にはこっちの方が好きかな。

Alkaased0212
アルカセット
あのJCの勝ち時計は驚異的でしたが、戦績を見ると2400ばかり。どうなのかなあ。

Ruleoflaw0212
ルールオブロー
これもキングマンボなんですね。私はこちらの方がいいです。

Fantasticlight0212
ファンタスティックライト
…すごいなあ。立派な馬体といい気性の激しさといい、目を引くなあ。
三白眼で睨まれるとドキッとします。

昨年の展示会は、ダージーなどがいる優駿SSや事務局からスタッフが大挙手伝いに来ていましたが、今年は全て自前(らしい)。日本にしっかり根を下ろそうという気概を感じました。
資本の違い。これはもう恐らく社台でも敵わないのではないでしょうか。うーむ。

たった7頭の展示なのに心底冷えました。
15日の新冠も行く予定なのですが、防寒対策を練り直す必要性をひしひしと感じています。まずは足の冷えない靴下だな。
このまま雪、これ以上降りませんように。

| | コメント (0)

山菜なんて@でも美味しい

日高のとある町で、山菜採りのために山林へ分け入った地元の方が行方不明になった。
翌日捜索願が出されたが、3日後山林の中を流れる川で木の枝に引っかかっていたその方の衣類を発見。
そこに夥しい爪跡のような破れがあったことから、熊に襲われたと思われ捜索が続いていたが、程なくして河口からやや離れた海岸で遺体が発見されたとのこと。
恐らく、突然熊と遭遇し、一撃で首の骨を折り即死、そのまま遺体が川を流れていったのだろう。

その場所は熊が出没する頻度が高いと地元の方も話していて、目撃情報も後を絶たないそうだ。
被害に遭われた方は地元故の気軽さであり、毎年のように訪れている場所だからと大して心構えもなく入山したのだろう。
そこでいきなり熊に出会ってしまった。恐怖を感じる暇もなかったかもしれない。熊だっていきなり自分のテリトリーに現れた侵入者を追い払いたかっただけだろう。そう、防衛本能が働いただけなのだ。

道内ではここ10年でこの方を含め7人が熊に襲われて命を落としている。
その全ての原因が山菜採りかどうかはわからないが、安直に熊のいる場所へ脚を踏み入れたことだけは間違いない。
亡くなられた方はお気の毒だが、残された家族の悲しみはいかばかりか。こんな理不尽な話はない。たかだかふきだのタケノコ(本州のそれとは違い、チシマザサに生えるネマガリダケのことを指す)のために肉親が命を落としてしまうのだから。

シーズンになると、道内のローカル局は判で押したように山菜採りを礼賛する特集をオンエアする。その美味しさをアピールするかのように調理法なども紹介する。
そして、申し訳程度に山に入るときの注意なども付け加えるのだが、今回のように既に何度も入山経験のある人はそんなこと意に介さないのだから、はっきり言って意味はないだろう。

幸いなことに、民家に近い熊の出ないであろう場所に採取できる場所を確保していることと、ネマガリダケに興味がないことから山深くに踏み入ることはないのだが、それでも山菜を採るときは家人も私も常に周囲を気にしている。ラジオを携帯して音を出したり、少しでも獣の気配がしたら(大抵はキツネや鹿だが)その場を離れたり、取れる自衛手段は取っているつもりだ。
山菜採りも、原発の敷地にまで入り込んでしまう輩がいたりして決してマナーがいい人ばかりではない。
今後は山菜を採りに山へ入ることの危険性と、私有地への無断立ち入りの禁止などきちんとしたルールもマスコミは啓発していく必要があろう。

時間が経つにつれて今回の事件について様々な事実がわかってきたが、本当にやるせない。
これ以上、熊による被害が出ないことを祈りたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年も…@もはや何も言うまい(言ってるけど)

札幌が1年に一度、非常に騒がしくなる時期を迎えました。
そう、私が忌み嫌う「YOSAKOIソーラン」が始まっています。

そもそも、よさこい、は高知が発祥の地であり、ローマ字に変えてみようがどうしようが、よさこいはよさこい。
せめて、ソーランまで付けて呼びならわしてくれればいいものを、臆面もなくマスコミまでがこぞってYOSAKOI、と呼称するのを見聞きするにつけその厚かましさに嫌悪感が増します。

道内でオンエアされているサラ金のテレビCMは、画面のどこにもYOSAKOIの文字はありませんが、誰が見たってそうであることは一目瞭然。
踊っているのは、そのサラ金業者と手を組んで参加している某大学のチームでしょう。
金はないけど若さとパワーがある大学生と、金があり、企業イメージを向上させたいサラ金業者。それぞれの思惑、つまり利害関係が一致しての合同チームはなるほど潤沢な資金があるらしく衣装も豪華です。

これ以上の批判は、昨年のこの時期のエントリと以下同文、ということで。
また、この珍妙なイベントについてはウィキペディアの「YOSAKOIソーラン祭り」が非常に簡潔にわかりやすくまとめてくれているので、興味をもたれた方にお薦めします。
…日高晤郎さんを見直しましたね。うん。

昨年同様今年もジレンマに陥らせてくれたのは、ナックス。
彼らは好きだから、テレビで、しかもライブで見れるのは嬉しい。でもあの北朝鮮のマスゲームのような踊りは見たくない。
あーあ。誰か勇気ある権力者が終幕を宣言してくれないものか。
道民である限りこの時期のこの煩悶からは逃れられないのでしょうか。やれやれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

幻のお菓子?@じゃがポックル

「じゃがポックル」をご存知ですか?

かなり前のことですが、偶々到着してから飛行場で時間に余裕があった(家人が迎えに来ることになってました)ため、土産物店をぶらぶらと覗いていたのですが、その時目にして何気なく買ったのが「じゃがポックル」。所謂ポテトスナック菓子です。
「大人気!」とか「北海道限定!」などとやたらと吹き出しがついていたこともあってつい手にしたのですが、帰宅してから食べてみたらこれがまた実に美味しい。
あっさりとした塩味が芋の素朴な味を引きたて、それはもういくらでも食べられそうなほど。
-このお菓子が実は非常に入手困難で、一部に「幻のお菓子」とまで呼ばれていることは後に知るのですが、確かにその後何度か空港を訪れても目にすることはなかったと思います。
今回、東京に出張した家人に、何気なく「あ、じゃあ『じゃがポックル』買って来てよ」とは一応言いましたがオッサンにはこんな単語記憶できないだろうし、と諦めていたところ、何と!買って来てくれたじゃありませんか!!

potato11207
これが噂のじゃがポックル

potato21207
18グラムの小袋が10個入っています

この個別包装がまたニクい。もし大袋に入っていたら恐らく際限なく食べていたはずだから。
当座は2日に1つくらいの割で食べようとは思ってますが、我慢できるかどうかは自信がありません。
ただでさえダイエットしなきゃならない状況下にあるというのにねえ…
今回は自家消費分で消えますが(おい)、次回入手できたら某身内にも送ったげようかな、と。

おまけ。
garana1207
北海道限定白いガラナ。綺麗でしょ?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

駒苫とか選挙とか@処暑の戯言

明徳義塾、そして駒大苫小牧、と高校野球の強豪校で相次いで「不祥事」が発覚しました。
片や出場前、そしてもう片方は優勝後。双方大きくその立場が違います。
共通しているのはその「不祥事」を告発(前者については全くの善意によるものであるという可能性もあるので『密告』という言葉は敢えて使いません)した人物、が存在していること。
そしてもう1つ。どちらの学校も生活面において非常に厳しく律している、と当の球児たちが話しているということ。これが何を意味するかはこれも敢えて書きません。
体罰。
それは全て有無を言わさず否定されるべきことなのでしょうか。
では何故、評判の良い教師が、現在の体罰への風当たりの強さを知っているはずなのに生徒に手を挙げなければならなかったのか。
何故、暴力行為が発覚すれば出場停止になる、ということを知っているはずの3年生が1年生に対して言葉だけでない叱責に走らざるを得なかったのか。
その肝心要な「暴力行為に至った理由」について、果たして被害者とされる生徒の父兄はどこまで正確に知っているのでしょうか。
知っている上で、それでも理由の如何を問わず暴力行為を弾劾しようとしているのならば本末転倒、そう思う私は間違っているのでしょうか。
必要悪、そう言ってしまうことに無理があるのは理性ではわかります。でも感情がどうにもついていかないんですね。
出場停止を告げられた明徳義塾の野球部員の中には自殺を仄めかした生徒もいた、ととある雑誌に書かれていました。
この週刊誌には更に、被害を受けたとされる1年生の行状も記されていて、これらを全て事実としたならば、それを全て踏まえて、それでも出場辞退ということになったのであれば当然駒大苫小牧も優勝旗を返還せざるを得ないと思います。
でも恐らくそうではないでしょう。取材に応じた被害者の父親は我が子が喫煙していたことも知らなかった、と語っていますし。

それでも甲子園で駒大苫小牧の野球部員たちは頑張った。闘うその姿勢には一点の曇りもなかった。
「周囲の大人たちの都合」に振り回されて一番悲しむのは当の野球部員たちです。
暴力はいけない。でも連帯責任という名の下にヒステリックとも言える報道がなされ、高野連は即座に出場停止を勧告する(今回はしていない、と主張しているようですが)というのもあまりに理不尽ではないでしょうか。
今度ばかりは杓子定規に、子供たちを傷つけるような決定を下さないでください。そしてマスコミも興味本位に取り扱わないでください。

昨日までの歓喜から一夜にして絶望へ。そんな結末にならないことをただ祈ることしかできません。

マスコミといえば、今日のテレ朝のニュース番組での小宮悦子さんにも腹立たしさを感じました。
亀井静香氏へのインタビューですが、何故彼女はあんなにも自分の思う方向へと会話を誘導したがるのでしょうか。
亀井氏の戦略や政見に対してネガティヴ、を連発していましたが、当のご本人のそのいかにも立腹しているという反応すら面白がって。
この人は所詮アナウンサーであり、キャスターにはなれないと思います。ましてやジャーナリストなどと呼ばれるにはあまりにも器が小さいと感じました。
かつてアラファト議長をゲリラ呼ばわりして激怒させた、という逸話を耳にしたことがありますが、この人ならやりかねません。
今回の選挙は所謂「ツッコミどころ満載」。
ネタが豊富にあるからこそ、報道の能力やセンスが問われると思うのですが、そういう意味でテレビ朝日のショーアップされた報道姿勢には落胆させられることが多いです。

暑い、と愚痴愚痴書いたら急に涼しくなってきた。
今日も日中はジリジリと暑く、久々に行った整骨院でも汗が止まらなくて先生に不快な思いをさせたかも。
それが今(20:30)室内は21℃。もちろんエアコンなし、窓は少しだけしか開けてないという状態で。
テレビでは暖房やスタッドレスタイヤのCMが始まり、夏もようやく終焉に近づこうとしているのかもしれません。やれやれ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

日々雑感@馬券を買わなかった週末の後始末

YOSAKOI批判のエントリにトラバが来ました。
例によってリンクも参照もなし。なのでありがとコメントもなし、なのですが、その方が主張されていることには賛同できる。
参加すりゃ単位がもらえるって?そんな安直な教育方針を打ち出しているのが高校じゃなくて大学なんだからああ驚いた。
やっと終わる。あと少しで終わる。
そう思っているのが私だけではないことに安堵感を抱くと同時に、何故マスコミは諸手を挙げてあの珍妙なイベントを礼賛するのか本当に不思議でなりません。
昨日今日なんて民放のほとんどの局が中継していたし、昨日のHTBはナックスがナビゲーター、ハリネズミのジレンマに陥りつつ、結局外出して日中はテレビを見ないようにしていました。

下がりきっていたテンションは、やや持ち直しています。
それでも愛猫を思い出す頻度が高いことは変わらず、いつしか思いは「死とは何ぞや」「魂と肉体の関連性とは?」「霊魂はそもそも存在するものなのか」…もはや単純なペットロス状態ではありません。
愛猫が「いなくなった」という理不尽な事態を未だに受け入れられずに結局いるんでしょうね。

ペットロスという言葉は、私が初めて一緒に暮らした猫を喪った当時-10年ほど前のことです-には一般的に広く知られる存在ではなかったはずです。
当時発刊されていた某猫雑誌に、その際の悲しみをありのままに綴った手記を投稿したのですが、何故かそれがペットロスの体験談をまとめた本に収録していただけることになりました。
程なく手元に送られてきたその本の、私の手記が掲載されたページをめくった瞬間顔にカーッと血が上った感覚は今でも忘れられません。
…酷い文章。ありのまま、の自分がこれほど取り乱した大人気ない文章を書いていたなんて。
でも、文章の間から零れてくる感情はホンモノ。今読み返してみてもこっ恥ずかしさは消えないものの、哀しみは手に取るように伝わってきます。
今回も、投稿しようと思っていました、愛猫を喪うまでの顛末と今抱えている気持ちを。でもどうにもそれはできそうにありません。
何故だろう。
推測ですが、ここと、もうひとつのブログでさんざん気持ちを撒き散らすことができたのでもう何も書くことが残っていないからかもしれない。
素直な気持ちを全て吐露してしまったら、残っている言葉がどれも心の篭っていない、実感の伴わないものに思えてならないんでしょうねえ。
金属アレルギー疑惑は解けないけれど(未だ指の赤味は引かず)、愛猫の存在を一番心臓に近いと言われている指に感じながら今日もなんとか生き永らえています。
でも明日はどうなるのかわからない。

気分転換も兼ねて、月末は宝塚記念でも見に行こうかな、なんて思っています。
いまひとつ地味ではあってもそこそこ面白そうなメンバーだし、会えれば向こうのお友達にも会いたいし。
飛行機とホテルは予約しましたので、後はテンション上げるだけです。

きゅうりをいただきました、近所の農家の方から。
えらく太くて、取りたてだから瑞々しい。

kyuri0612
よくわかる実物大(隣の500円玉と比べてください)。
(ここんとこ写真がまるでなくPOQUEが寂しいことになってるのでこんなのを載せてみました)

早速ぬか漬けにしたり、もろきゅうにしたり、この美味しさは今の時期しか味わえませんね。
ちょっと前にはこれも見事なレタスをいただき、生じゃあとても食べきれないのでおひたしにしました。
これからはトマトとかナスなんかもいただけるので、本当にありがたい。
ヘタに野菜を外で買い込んでくると過剰供給で目も当てられない事態になるので、これから夏場にかけて買い物はかなりアタマを使うことになるのが毎年の常なのです。

ということで。私は今日もこんなふうに生きています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

おめでとう!でも不満もあるんだけど

驚きました。ワールドカップ出場決定一番乗りですって?すごいなー日本代表。
でもレッズ好きとしてはかなり不満の残る代表布陣ではあります。
…鹿島と横浜贔屓しすぎではないの?ジーコ監督。
坪井をピッチに立たせて欲しかったし、それ以前にもっと代表に相応しい選手がいると思うんですが。
少なくとも鈴木と永井なら、今は永井の方が勢いもスキルもあると思うし、DFだって中田浩よりは坪井や山田ノブの方が勝っているように思うんだけどな。
まあ、他のチームのサポの皆さんも同じように感じているだろうし、かなり主観的ではありますが、それでも今のメンバーを固定することなく、もっと柔軟性を持って代表メンバーを選出してほしいものです。
それにしても大黒のシュートってば絵に描いたような、でした。
この大黒もコンサにいたって?
岡田監督、吉原、山瀬、今野、エメ、そして大黒…もし全員コンサにまだいたらJ1でも優勝争いできるのでは?
相馬眼はあるけど、それを維持できない経済状況が辛いですね。頑張って、またレッズとゲームしてほしい。
…前半戦ではその可能性がレッズに芽生えてかなり焦りましたが…

昨日のエントリを読んで、ああ、ずいぶんとキツイモノ言いだな、と若干反省しています。
でも書いたことを訂正も補完もするつもりはないです。
よさこいソーランは昨日開幕しましたが、当然見に行くつもりはありませんし、テレビジャックされることがかなり不快。
困ったことにチームナックスのメンツが毎年HTBで特番のナビを勤めていて、彼らは見たいけどよさこいは見たくない。うーむ。

ナックスと言えば。
メンバーであるご存知大泉洋と二枚目(?)佐藤シゲちゃんが出演しているローカル番組「おにぎりあたためますか」でオリジナル商品を開発。道内のローソンのみで限定発売しています。
買おうと思っていてもついつい忘れてしまうので、今回のカップ焼きそばは箱で近所のローソンに取り置きしてもらいました。土曜日に取りに行きますが、おしるこ入ってないのか…残念。
次はあの「復刻版 具はラーメン(醤油) 」「復刻版 具はラーメン (味噌)」の発売。
これ、意外に美味しいんです。私は味噌の方が好き。確か本編と連動して発売された時はローソンのとんかつおにぎりと美味しさ比べしてたっけ。
新商品はシゲ考案の「摩訶不思議大根 シゲちゃんのお大根様!」(味噌ラーメン味・コンソメ味)ですが…これ、実は漬物。正直かなり引きますが、某身内よ、ちゃんと買って送ってあげるから、心して食べなさい。

昨年は「ハニーびしょびしょ」なる極甘のデザートなんかも販売されましたが、驚くべき発想で編み出される数々の常識を逸脱(?)した商品、考える彼らも凄いけど商品化しちゃうローソンも凄い。
焼きそば、食べた方によれば「意外に美味しい」とのこと。楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)