サックスはやっぱり難しい@所詮金属ですし

いや、結局私の1週間の付け焼刃(?)は全て無駄でした。
鳴らせばいい、ってもんじゃない。そうばっさり斬られました。確かにそうだわな。
サックスは、分類的には木管ですが、本体はどう見ても金属。
ホンモノの木でできた楽器と違って、鳴らせば音が抜けて良くなっていくというものではないそうな。
手にした瞬間から金属疲労が始まるくらいので、鳴らない楽器はいくら頑張っても鳴らないそうです。

先生曰く「猫がおどろくようじゃダメ」

…ハイ、私が音を出したら、傍にいたカンタが垂直に30センチほど飛びました。見てたのか?(んなわきゃない)
深く咥えすぎていたこと、リードが薄くなってしまっていたことが原因だそうなので、アンブシュアは一から作り直しです。
マウスピースが小さい(4番)ことも原因だそう。じゃあいいのを選んでください、と先生にお願いしてみたのですが、まだどれを使ってもまともに鳴らせないからなんでしょうね、先生生返事でした。
息がしっかりできていないからタンギングで息の勢いを止めてしまうし、息を注意していたらアンブシュアが崩れる。
ちなみに、ピッチが下がる音ですが、元々そういう造りになっているんだそうでやはりアンブシュアで上げるのだとか。
まだそういう域には達していませんのでしばらくは気持ち悪い音のまま我慢することになりそうです。ちぇ。

アルトサックスの譜面は、E♭がド。これにはかなり悩まされるだろうなとは思っていました。
だって、どう聞いてもE♭はE♭ですから。先生にピッチが下がる音を説明したら、「それはピアノの音?」と聞かれ、こういうとき絶対音感は邪魔なんだよね、と。そうかもしれません。
ま、これは馴れ、なんだそうです。最悪へ音記号読みすればいいんですけど、それだと臨時記号であたふたしそうなのでやはり郷に入れば郷に従え、でちゃんと読めるように相対音感を鍛えようと決意も新たにまた今日から頑張ろう!(この決意が持続しないんだよなあ…)
カンタが安心して寝れるような、そんなソフトな音目指してます。道は果てない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

秋とサックスと私@早く戻ってくるんだよ

今年の夏は突然訪れて突然去って行きました。
今朝はもう、窓を開けていたら肌寒いもの。これだから北海道は油断ならない。体調管理の難しさを実感しています。

サックスの練習を昨日から本格的に始めたのですが、どうにも下唇が痛くて。
少しずつ安定した音が出るようにはなったのはいいけれど、音によるピッチのばらつきが気になり始めました。
弦楽器ならあっさり解決するこの問題、管楽器、それも木管の場合どうしたらいいんだろ。思案投げ首です。
具体的にはB♭がきっちり440で鳴るのに、そこから上がってDでどーんと低くなり、E♭で更に落ち込む。
ああ、なまじ絶対音感があるので高音吹くたび気持ち悪いったらありません。
そもそもファットリップ奏法なら痛くなるはずのない(と聞きましたが)下唇の内側がひりつくのももしかしたらアンブシュアに問題があるのかも。
今は30分吹くのがやっとです。息は持つけどものごっつ左手の親指に力が入ってしまい、ただでさえ痛む左の背中辺りが筋肉痛。ああ。
今日、戯れにレフト・アローンのさわりの部分を吹いてみました。ちょっとだけサマになってて。そうだ、明日はサマータイム吹いてみようかな。
…そんなことしてる場合じゃないか。とりあえず土曜日にはタンギングとロングトーンができてないとヤバイので、明日も明後日も自主トレに励みます。やれやれ。

相次いで、ブックマークしているブログで飼い猫の脱走、失踪というエントリを目にしました。
…胸が痛みます。
どちらも野良生活から救い出された子なので、なまじ外を知っているから帰ってくる可能性は箱入り猫よりも低いかもしれない。
でもどうか無事に帰って来てほしい、そう願うだけです。
これから北海道は寒い冬が訪れます。だから特に北海道で行方不明になった子はゼッタイに戻ってくれなきゃあ。せっかく幸せになれたのに…

我が家の連中は日々のほほんと生きています。
中でも陽太は夜になると必ずみもざの遺骨の入ったバスケットのそばから離れません。
陽太なりに何か思うところがある、そうとしか思えないのは、必ずしも楽そうな寝姿ではないから。
甘ったれだったからなあ。みもざが大好きでいつも寄り添いに行っては迷惑がられていたっけ。

閑話休題、昨日取引先社長(?)から思いがけない情報が。
一部新聞では既報されていること、が実は全く違っていて…あーくそっ!書きたいぞ。書けないけど…あうううう。
えーと、諦めてません。ていうかそれが目的なのではなく、結果的にそういう道を辿らざるを得ない状況下にあるという。大目標こそ今のところ回避予定。
ま、それほど注目を集めていることでもないですか。そうですね。何書いてんだか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)